最近のトラックバック

« I南小学校 朝の読み聞かせ 2年3組 30分を楽しく | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 聴き手一人だからできること »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 とてもよくわかって聞いている

 この園も今日が今年度の最後。お雛祭の今日は、お誕生日会もあったようで、子どもたちはいつもよりハイテンションで迎えてくれた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話 
 手遊び つくしんぼ *
 おはなし はらぺこピエトリン イタリアの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 はじまりのうたのあとも、なかなか静かにならなかったのだが、おはなしが始まると急に静かになって聞きだした。魔女の呪いの「死んでしまえ~」にびっくりしている。アナンシが数を数えはじめて、まずはアヒルのおくさんが罠にかかると、呪いの意味がわかったらしく、うさぎの奥さんが現れたところで、もう「あぶない、あぶない」と警告をする子がいた。数えるところでは、語り手と一緒に数え「1、2、3、4」のあと「6」と「5」を抜かして数えた子がいたのには驚いた。最後にハトの奥さんが「5」を数えないところは、真剣に聞いていた。ここのところが、まだ小学生より幼いところなのかもしれない。でも、アナンシが自分のかけた罠にひっかかると笑う子が何人もいて、うわー、すごくお話が分かっていると感じた。
 そのあともまた、わいわいがやがやしたものの、手遊びでにこにこしながら、みんなでやってくれたものの、またわいわいがやがや。おはなしに出てくる「ニョッキ」や「フォカッチャ」の説明もしっかり聞いていないので、これは聞いてもらえるんだろうかと心配したが、「みんなと同じような子どもが出てくるよ」といって語りだすと、また急に静かになった。
「鬼がいました」で、びっくり。「人食い鬼で……」でまたびっくり。ピエトリンが食べてはいけないニョッキを食べてしまうと「」ええっ、食べられちゃう……」と、どきどきしながら聞いてくれているのがよく分かった。羊のふんを鍋に入れるところでは「きたなーい」と少し笑ったのだか、牛のふんをフォカッチャのかわりにしたところでは、その先がどうなるのだろうかとはらはらしている様子だった。ピエトリンの鬼がやってくるところでは、鬼が近づいてくるたびに、先生の顔を見て、恐怖を訴えている。最後のドアの後ろにピエトリンが行くと、「だめっ!」という。子どもたちがあんまり必死で聞いているので、実は、私はもう吹き出しそうだった。最後の最後に鬼が死んでしまうと、子どもたちがほっとしたように笑顔になった。
 本当にお話に入り込んで、よくわかって聞いている。定期的に聞いてもらえると聞く力ができてくるなと思う。
 最後なので、絵馬に見立てた、おりがとうのカードをいただいて帰ってきた。今年は、残念ながら、私たちがお話に行く学校へ上がる子がいないので、「また会おうね」とは言えないけれど、児童館などでまた会えたらいいな。

« I南小学校 朝の読み聞かせ 2年3組 30分を楽しく | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 聴き手一人だからできること »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64965703

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 とてもよくわかって聞いている:

« I南小学校 朝の読み聞かせ 2年3組 30分を楽しく | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 聴き手一人だからできること »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ