最近のトラックバック

« I南小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 朝を気持ちよく | トップページ | I中央児童館 0~3歳のおはなし会  »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 けん玉名人たち

 D保育園は改装が終わり、新しい部屋でのおはなし会だった。床板が新しくなり、廊下やトイレとの間もバリアフリーになっている。ほとんど倉庫状態の前回のホールとくらべて、やはりお部屋はこじんまりとして落ち着く。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし てぶくろ ウクライナの昔話
 手遊び 1わのにわとり *
 おはなし 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

「てぶくろ」は知っている子が多く、初めのうちざわついていたが、だんだん、手袋の中に入る動物の数をかぞえたり、手袋の膨らみ具合を想像して隣の子に話したりで、とても楽しく聞いていた。とくに、一人の子が「つぎはクマ」と予想して言ったところで、「きばもちイノシシ」が登場したものだから、「うわー」と子どもたちの驚きの声が大きくなった。
「屋根がチーズでできた家」は、森の中にトロル女が住んでいることを語ったあと、小作人が「子どもたちを森へ行かせました」というと、「うわっ危ないよ」といった子がいて、どの子も次はどうなるかとハラハラしながらしんとして最後まで聞いてくれた。
 語り終わってから、女の子がわたしのところへ来て「どんな家が見てみたい」と言ってくれたのが嬉しかった。
 部屋から出る前、子どもたちがそれぞれ自分のけん玉を持ってきて、披露してくれた。大勢の子が、びっくりするほどリズムよく、横縦横縦と玉を乗せられる。すごいっ!! それでもやはり個人差はあって、「ぼくは大きいところにしかのせられないよ」と言いながら、一生懸命やって、でもできない子もいる。そのうち、子どもたちは、私たちに見せるより、自分のけん玉に夢中になってやり始めたので、部屋を出てきた。
 一瞬一瞬を夢中で生きている子どもたち、素敵だ。

« I南小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 朝を気持ちよく | トップページ | I中央児童館 0~3歳のおはなし会  »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64787354

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 けん玉名人たち:

« I南小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 朝を気持ちよく | トップページ | I中央児童館 0~3歳のおはなし会  »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ