最近のトラックバック

« 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 | トップページ | 12月のおはなし広場 おもしろかった!は、最高のプレゼント »

I南小学校 朝の読み聞かせ 3年1&2組 もっと読んでいたい!!

 昨日に引き続いて、今日はI南小学校の朝の読み聞かせ。読み聞かせ人数が足りなかったのだろう。1組と2組合同、パソコン室で。パソコン室の良いところは、なんといっても空調のために暖かいこと。ラッキーだ!!

 部屋では2クラスの子が6列ぐらいにきっちり並んで待っていてくれた。後の方には年配の先生がいらっしゃって、とても静か……なんだか、どきどきする。

プログラム
 絵本 これなーんだ? のむらさやか文 ムラタ有子絵 こどものとも0.1.2. 2006.01号 福音館書店
 おはなし サルのきも タイの昔話
 絵本 これはすいへいせん  谷川俊太郎文 tupera tupera

 挨拶までは、子どもたちがしーんとしていたらどうしようと思ったのだが、1冊目の絵本『これなーんだ?』を出した途端「なんだあれ?」と楽しそうな声が上がって、子どもたちが、にこやかに、絵本に反応して声を出し始めた。ラストの動物の家は、ものすごく喜んでくれた。気をよくしてお話「サルのきも 」へ。昨日で少し自信をつけたので余裕を持って、最初に肝の説明をして、語っていった。とても真剣な顔で聞いている。なるほど。病気のワニの奥さんがサルの生き胆を欲しいというのだから、サルは本当に生き胆をとられてしまうのかと、ハラハラして聞いているに違いない。サルがだましはじめるところでは、昨日のような反応がなくて、意味が分らないのだろうかとちょっぴり心配になった。語り終えると、近くの子と顔を見合わせて、ざわざわっと話す子だちがいた。「いちじくが生き胆で……」などと言っている。分った人はわかったと思うが……。
 最後の絵本『これはすいへいせん』も、子どもの前で初めて読むので、反応を心配しいしい読んだが、意外にも大うけ。面白いキャラクター、名前がでてくるたびに笑う。積立話で、何度も同じことを言うのだが、その部分を待っていて笑い、新しく加わった部分をまた笑う。へえーー、そんなに面白いんだ、と思った。ラストが最初に戻るところも、子どもたちは気づいた。ひとり女の子が「『これはのみのぴこ 』と同じ」というので、「そうだよー、同じ作者だよ」と伝えた。
『これなーんだ?』で時間を取りすぎたので、2、3分超過。でも、先生も「子どもたちがとても楽しんでいてよかった」と言ってくださり、わたしも嬉しかった。子どもたちの雰囲気がよくて、ああ、もっともっと読んでいたかったなあ。

     

« 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 | トップページ | 12月のおはなし広場 おもしろかった!は、最高のプレゼント »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64598574

この記事へのトラックバック一覧です: I南小学校 朝の読み聞かせ 3年1&2組 もっと読んでいたい!!:

« 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 | トップページ | 12月のおはなし広場 おもしろかった!は、最高のプレゼント »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ