最近のトラックバック

« G西保育園年少さんおはなし会 子どもの視線の位置を確認して | トップページ | 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 »

12月のK図書館分館おはなし会 クリスマスの期待が高まるころ

 いよいよクリスマスの月になった。図書館のお話の部屋ではクリスマスツリーが飾られ、一年の終わりの月のわくわく感を盛り上げてくれている。
 今日は、年中さん、年長さん、小学2年生と、3人の男の子がきてくれた。

プログラム
 手袋シアター クリスマス・ツリー *
 絵本 いろいろバナナ  山岡ひかる作 くもん出版
 紙芝居 りんごのおいしいわけかた (紙芝居ユーモアひろば 第 2集)  木村祐一作 教育画劇
 手遊び もちつき *
 絵本 ふゆですよ (四季のえほん)  柴田晋吾文 降矢なな絵 金の星社 *
 絵本 クリスマスのうさぎさん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)  ウィルとニコル作 渡辺茂男訳 福音館書店 *
 エプロンシアター おむすびころりん

 年中、年長さんはまん前にすわり、2年生くんはちょっと恥ずかしいのか、横っちょにすわって聞いていた。
いろいろバナナ』は、バナナのおいしそうなデザートが次々にでてくるので、3人ともにこにこだ。好きなのは、年中さんがバナナシェイク、年長さんかせバナナクレープ、小2くんはバナナロールだった。紙芝居『りんごのおいしいわけかた (紙芝居ユーモアひろば 第 2集)』では、ゴリラがりんごをどんどん投げるのを笑いながら聞いていた。『ふゆですよ (四季のえほん) 』は、いろいろな冬の景色を紹介する絵本。どのページもゆっりと話しながら見ていった。最後はクリスマスパーティにつながっていく。
 そのあと、昨年よみそびれた『クリスマスのうさぎさん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)』を。最初中表紙にでてくるウサギを見て、年長さんはこわいお話だと思ったようだ。読み始めると、とくに年中さんがすっかりお話に入りこんで聞いてくれて嬉しかった。小2くんは年ごろだろう、クールな言葉をはさんできた。その反応にうろたえてうまく対応できなくて、絵本の真意を伝えられなかったのが、自分としてはとても残念。でもまあ、いまさらどうしようもなく……。経験として次につなげるしかない。
 次のエプロンシアターでは、年長さんがストーリーを知っていて、はじまる前に全部話してくれたが、演じ手が楽しく演じはじめると、まるで初めて聞くお話のように楽しんでいた。

    

« G西保育園年少さんおはなし会 子どもの視線の位置を確認して | トップページ | 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64577420

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のK図書館分館おはなし会 クリスマスの期待が高まるころ:

« G西保育園年少さんおはなし会 子どもの視線の位置を確認して | トップページ | 朝の読み聞かせ 3年1組 はじめてかたる「サルのきも」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ