最近のトラックバック

« I南小学校 朝の読み聞かせ 1年2組 元気をもらったよ!! | トップページ | 10月のおはなし広場 意外に子どもたちはしらない『さるかにがっせん』 »

G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 集中力の持続時間

 先週寒かったのに、なんだか、また暖かくなってきた。園では、10月というのに部屋が暑いので、窓が開け放っていて、隣の部屋の大きな歌声が聞こえる。でも、子どもたちは気にならない様子で、よく聞いてくれた。

プログラム
 わらべうた どんぐりころちゃん
 なら梨とり 日本の昔話 *
 金のとさかのおんどりと魔法のひきうす ロシアの昔話
 ねことねずみ イギリスの昔話

 わたしはトップバッター。前回伺った時にいきなりお話をはじめて、子どもたちが緊張してしまったようなので、「どんぐりころちゃん」の手遊びをして気持ちをほぐしてから始めた。先生から言い聞かされているのだろうか。みんなが集中してじっと聞いている。太郎が沼の主にのまれてしう、ええっいう顔をしている。それでも次郎を語るころには、さすがに疲れたのか、もじもじする子がでてきた。その中で、ものすごく聞いている男の子がひとり。まんじりともしないので、驚いた。三郎がでてきて、ばあさまが「わしのいうごとをよぐ聞かないからだ」と言うセリフで、子どもたちの集中がぴっと戻ってきた。これは、面白いなと思う。子どもたちがよく親に言われる言葉だからだろうか。それから最後までぴっしりと聞いてくれた。
 ところが、1番目のお話で、疲れてしまったらしい。あのまんじりとせずに聞いていた男の子が、2番目のお話では、ぐったりと横になったりしている。集中力を使い果たしてしまったらしい。なんということ……。
 それでも、3つ目のおはなしは、語り手が緩急をつけて、分かりやすく語ったので、子どもたちは目を輝かせて聞いた。楽しいという感覚をつかんだようだ。
「なら梨とり」は、短めだが、3回のくりかえしのあって異世界にいってくる、しっかりしたお話。2つ目の「金のとさかのおんどりと魔法のひきうす」も、昔話の法則にのっとったしっかりとしたお話だ。連続して聞くのは、年中さんには集中力が続かなかったかもしれない。

« I南小学校 朝の読み聞かせ 1年2組 元気をもらったよ!! | トップページ | 10月のおはなし広場 意外に子どもたちはしらない『さるかにがっせん』 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64371000

この記事へのトラックバック一覧です: G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 集中力の持続時間:

« I南小学校 朝の読み聞かせ 1年2組 元気をもらったよ!! | トップページ | 10月のおはなし広場 意外に子どもたちはしらない『さるかにがっせん』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ