最近のトラックバック

« G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 集中力の持続時間 | トップページ | Hキッズクラブ 二学期 ストーリーテリングによるおはなし会 元気な子どもたちに圧倒された? »

10月のおはなし広場 意外に子どもたちはしらない『さるかにがっせん』

 先週の異様なあたたかさは終わり、秋らしくなってきた。気持ちのいいお天気。休み時間で外遊びをしてきた子どもたちは、いきいきした顔で入ってきてくれた。

プログラム
 絵本 ふきまんぶく (田島征三) 作 偕成社
 おはなし みつけどり グリムの昔話
 なぞなぞ 中川李枝子作『おはなしのろうそく 2 』より3題
 紙芝居 さるかにがっせん (紙芝居むかしばなし 第 1集)  長崎源之助脚本 若菜珪画 教育画劇 *
 大型絵本 もりのかくれんぼう (日本の絵本)  末吉暁子文 林明子絵 偕成社

 聞く姿勢のすばらしい今年の1年生。今日もきもちのよい姿を見せてくれた。
ふきまんぶく (田島征三) 』では、静かにきいて、最後のふきのとうが一杯でてきたところで、驚きの声をあげた。「みつけどり」もよく聞いていた。そのあとの「なぞなぞ」。すぐに答えたがるものだが、みんな口をつぐんでいて、ちゃんと手を挙げて答える。簡単そうな1問目が意外に当たらなかったのが、かわいらしかった。
 紙芝居『さるかにがっせん (紙芝居むかしばなし 第 1集) 』は、よく知られたお話なのだが、なんだがはじめて聞く子が多かったようで、「はやくめをだせかきのたね」を笑ったり、サルがカニに柿を投げるのを驚いたり。最後の結末が痛快だったようで歓声をあげていた。
 子どもたちの素晴らしさが際立ったのが『もりのかくれんぼう (日本の絵本) 』。動物やかくれんぼうが隠れている場所を見たくて、立ち上がったり、背をのばしたりするのだが、次のページにいくとすぐにすわるのだ。図書室に同じ本があるので、あとからじっくり見てほしいと思う。
 時間をほんのちょっと超過してしまったが、充実していたと思う。

    

« G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 集中力の持続時間 | トップページ | Hキッズクラブ 二学期 ストーリーテリングによるおはなし会 元気な子どもたちに圧倒された? »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64393291

この記事へのトラックバック一覧です: 10月のおはなし広場 意外に子どもたちはしらない『さるかにがっせん』:

« G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 集中力の持続時間 | トップページ | Hキッズクラブ 二学期 ストーリーテリングによるおはなし会 元気な子どもたちに圧倒された? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ