最近のトラックバック

« 9月のひよこちゃんおはなし会のはずだったけれど…… | トップページ | 9月のおはなし広場 すてきな聞き手たち »

9月のK市立図書館本館おはなし会 高校生と

  今日は近くの市立小学校は運動会。そのせいか、児童室は子どもがいなーーーい。いつもは本を借りるだけという、小学4年生。おとうさんとひた3歳さん。そして、会員がむりやりひっぱってきた高校生2人がきいてくれた。

プログラム
 わらべうた&あてっこ どんぐりころちゃん *
 絵本 ペネロペひめと にげだしたこねこ (児童書)  アイリーン・マレー作 美馬しょうこ訳 徳間書店 *<
 大型絵本 おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)  石津ちひろ文 山村浩二絵 福音館書店 *
 絵本 へんてこやまのうんどうかい かんなりまさこ文 くすはら順子 ひさかたチャイルド
 絵本 つきよ (スピカのおはなしえほん (13))  長新太作 教育画劇
 紙芝居 かぐやひめ 福島のり子脚本 岩本圭永子画 教育画劇

 どんぐりころちゃんのあてっこは、意外と高校生が当たらない。1番小さな子があてたりしておもしろかった。あとはどのおはなしも、静かに聞いてくれた。『 おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)』は、よーく絵を見ていてよ~と言って読んだら、本当にみんな、よーく見ていて、なんて素直な子たちだろう。『つきよ (スピカのおはなしえほん (13)) 』は、小さな狸さんやザリガニなどの姿は近くの上でないと見えないけれど、とにかく月が美しい。
 最後は紙芝居。かぐや姫や竹取物語のおはなしを子どもたちは意外に知らないから伝えたいという読み手の思いからこの紙芝居が選ばれた。童心社の『かぐやひめ』の方が詳しいが、子どもたちにわかりやすいのはこちらだろう。

 終わってから高校生の子たちに感想を聞くと「なつかしかったです」とのこと。小学校で読み聞かせしてもらったのはたぶん、5、6年ぐらい前までだろう。なに、ついこのあいだじゃない。なんて、おばさんの私は思うけれど、若い子には、ずーっと前の記憶のかなたなのだろうな。
 

   

« 9月のひよこちゃんおはなし会のはずだったけれど…… | トップページ | 9月のおはなし広場 すてきな聞き手たち »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64249962

この記事へのトラックバック一覧です: 9月のK市立図書館本館おはなし会 高校生と:

« 9月のひよこちゃんおはなし会のはずだったけれど…… | トップページ | 9月のおはなし広場 すてきな聞き手たち »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ