最近のトラックバック

« 9月のK市立図書館本館おはなし会 高校生と | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 聞き手がいてこその読み聞かせ »

9月のおはなし広場 すてきな聞き手たち

 2学期はじめてのおはなし会。一学期は緊張気味だった子どもたちも、すっかり慣れて、お部屋に入って、さっさと並び、すっと始まった。

プログラム

 大型絵本 おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)  石津ちひろ文 山村浩二絵 福音館書店 *
 おはなし エパミナンダス(ストーリーテリング)
 紙芝居 なんにもせんにん (紙芝居ベストセレクション 第2集)  巌谷小波原作 川崎大治  脚本 佐藤わきこ絵 童心社 *
 絵本 あえるといいな  ネレ・モースト文 ユッタ・ビュッカー絵 小森香折訳 BL出版
 絵本 はなのあなのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)  やぎゅうげんいちろう作 福音館書店 *
 絵本 いきものいろいろ ふくだとしお/ふくだあきこ作 ワニマガジン社  

 大型絵本『おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)』を出すと野菜の迫力にこどもたちは大喜び。「言葉も絵も楽しいからよく聞いてよく見てね~」と話すと、とても嬉しそうに見てくれた。ページをめくるたび、言葉を読むたび、大喜び。テンションをあげすぎただろうかと心配していたが、おはなしの「エパミナンダス」になると、さっと静かになって聞いていた。早いうちからエパミナンダスが言われたこととすることがずれていることに気づき、次はなにをするだろうかと予想しながら聞く子が何人かいた。紙芝居『なんにもせんにん (紙芝居ベストセレクション 第2集) 』も静かによく聞いてくれた。主人公が最後に大金持ちになると喜んでいる。『 なんにもせんにん (紙芝居ベストセレクション 第2集)』は、先生もいっしょに鼻をつまんで「なにぬねの」「まみむめも」というなど、みんなで楽しめた。声をだしてもいいときは出して、静かになるときは静かになる。ざわざわすると、誰かが「静かにして」といい、それで静かになる。ああ、すてきな聞き手たちだ。ありがとう!!

   

  

« 9月のK市立図書館本館おはなし会 高校生と | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 聞き手がいてこその読み聞かせ »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64262054

この記事へのトラックバック一覧です: 9月のおはなし広場 すてきな聞き手たち:

« 9月のK市立図書館本館おはなし会 高校生と | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 聞き手がいてこその読み聞かせ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ