最近のトラックバック

« 8月のI市立図書館おはなし会 小さな子から大人までたのしめる『せんたくかあちゃん』 | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会  リピーター3人と »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 里山になじむ「なら梨とり」

 D保育園はただいま、調理室とトイレを改装中。それで年長さんのお部屋も、いつもより少し狭くなっている。でも、その分こじんまりとしたなかで聞いてくれた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし なら梨とり 日本の昔話 *
 手遊び いもにめがでて *
 おはなし おばあさんとブタ イギリスの昔話
 おしまいのうた ろうそくぱっ

 とってもよく聞いてくれた。「なら梨とり」で、「おかあさんと3人兄弟がおりました」というと、「おかあさんと、おとうさんと、おにいさんと?」と大きな声できく子がいた。最初のところなので「おかあさんと、おにいちゃんとおにいちゃんと弟」と答えて、そのあとは、質問には止まらずに語っていった。太郎がおばあさんに会うところから、不思議そうに聞いている。そして太郎が沼の主に呑みこまれてしまうと、びっくりしていた。3番目の三郎が沼の主を切りつけると、また、はっとしたように聞いている。子どもたちの反応がとても語りやすかった。
「なら梨とり」は、里山が身近にある、私の住む地域にとても馴染むお話だと思う。子どもたちも入りやすいのではないだろうか。
「おばあさんとブタ」も、ひとつひとつ一生懸命聞いていた。ただ、関連してつらなっていくのが、この子たちには、まだ今一つ、つかめないかもしれない。エピソードのつながりとともにリズムや音のつながりが楽しいのだが、英語ではどんなふうに語られるのだろう。きいてみたい気がする。

 ところで、この園にはブラジル系の子が何人かいて、日本語があまりわからない子も数人いるとのこと。言葉があまりわからないのにお話を聞くって、どんなだろう。せめて、ブラジルのおはなしを覚えなくてはと思っている。

« 8月のI市立図書館おはなし会 小さな子から大人までたのしめる『せんたくかあちゃん』 | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会  リピーター3人と »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/64147177

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 里山になじむ「なら梨とり」:

« 8月のI市立図書館おはなし会 小さな子から大人までたのしめる『せんたくかあちゃん』 | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会  リピーター3人と »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ