最近のトラックバック

« 課題図書を読む『さかさ町』 | トップページ | 7月のI市立図書館おはなし会  »

S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 あつくて……

 昨夜は雷のなる大嵐。梅雨の終わり掛けの降り方だった。今日は晴れて、湿気が少ないのか爽やかな感じ。でも、エアコンのない園の部屋で待っている子どもたちは汗びっしょりだった。

プログラム
 手遊び 頭にぼうし 目にめがね *
 おはなし 鳥呑爺 日本の昔話 *
 手遊び みみずの体操 *
 おはなし こぶたのバーナビー  *U.ハウリハン作

 暑さのせいなのか、心なしか子どもたちに元気がない感じがする。「鳥呑爺というのは、鳥をのんじゃったおじいさんのお話だよ」と説明しても、反応がない。語り始めても、反応が少なくて、いいんだろうか?と思ううちに終わってしまった。このお話は、お話を始めたころにおぼえたもので、子どもたちがとても楽しんでくれたものだが、ここのところ、子どもたちの反応が薄い。なんだろうか。私が、お話に慣れ過ぎて、手あかがつくというか、さらりと語り過ぎなのだろうか? 子どもたちがおはなしの流れが理解できないのだろうか? 
 みみずの体操の手遊び(これは、みんな大真面目にやってくれた)をしたあと、「こぶたのバーナビー」へ。このお話も、静かに聞いているものの、なんたが反応が薄い気がする。でも、何人かの子は、じっと耳を澄ませて聞いていた。やっぱり暑さのせいで、ぐったりなのかも……。
 お話が終わって部屋からでて廊下を歩いていると、年長さんたちも帰りの時間で部屋からでてくると、何人か私たちを追っかけてきて、「タッチしよう」、「また来てね」と行ってきてくれた。人なつっこい子たちだ。
 今年、まだまだ何度もおはなしで会える。おはなしを通して気持ちがもっと通じあえますように。

« 課題図書を読む『さかさ町』 | トップページ | 7月のI市立図書館おはなし会  »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63914781

この記事へのトラックバック一覧です: S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 あつくて……:

« 課題図書を読む『さかさ町』 | トップページ | 7月のI市立図書館おはなし会  »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ