最近のトラックバック

« 課題図書を読む『木のすきなケイトさん』 | トップページ | 課題図書を読む『ハーレムの闘う本屋』 »

6月の朝の読み聞かせ 4年1組 「小石投げの名人タオ・カム」に感嘆する

 昨夜の雨があがって、さわやかな朝。1年生のとき元気のいい子が多かった4年生。学年が上がるにつれて、徐々に落ち着いてきて、でも、活気があって、今、とてもすてきです。

プログラム
 絵本 おとうさんのえほん  おとうさんのえほん 高畠純作 絵本館
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話

 クラスでは、読み聞かせなのを知らなかったようで、私の姿を見て、あわてて子どもたちが読み聞かせの準備を。それで、少し遅めに入った。絵本が読めるかどうかぎりぎりだったけれど、いきなりお話に入る自信がなくて『おとうさんのえほん』を急ぎ足で読んだ。これは、ゴリラのおとうさん、ペンギンのおとうさんなど、さまざまな動物のお父さんの様子を4コマ漫画みたいに描いて、お父さんの愛しい行動がくすっと笑わせる。この「くすっ」が積み重なって、あとになるほど可笑しくなる。子どもたちもそんな反応だった。
 メインの「小石投げの名人タオ・カム」は、とてもよく聞いてくれた。タオ・カムが小石を飛ばして葉っぱに、動物の形の穴をあけるのを、「うわー。すごーーい」と言ったりしながら、目を丸くしてきいている。このお話はラストのところが、ちょいと説教臭い。ここのところ、もっとさらっと終わりたいなあなどと思う。子どもたちも、この辺になるとやはりもぞもぞし始めた。でもまあ、この年齢の子たちにとって、大切なメッセージでもある。
 ただし、このおはなしのメッセージは、もっとほかのところにある。足の不自由な貧しいタオ・カムが、大切にされ、みんなから存在の素晴らしさを認められる。そのすばらしさ、感じていてくれるとうれしい。

     

« 課題図書を読む『木のすきなケイトさん』 | トップページ | 課題図書を読む『ハーレムの闘う本屋』 »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63748393

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の朝の読み聞かせ 4年1組 「小石投げの名人タオ・カム」に感嘆する:

« 課題図書を読む『木のすきなケイトさん』 | トップページ | 課題図書を読む『ハーレムの闘う本屋』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ