最近のトラックバック

« 2月のひよこちゃん 食べ物と動物の絵本 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目年齢幅の広い「マメ子と魔物」 »

I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 2年生全部 「マメ子と魔物」デビュー

 2年生の全3クラスが合同で、ざっと100名。時間は延長で30分。これはもう、大型絵本しかない! というわけで、3冊用意していった。おも~い。

プログラム
 大型絵本 わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)  小風さち文 山口マオ絵 福音館書店
 おはなし マメ子と魔物 イランの昔話
 大型絵本 よかったねネッドくん レミー・チャーリップ作 八木田宜子訳 偕成社 
 絵本 シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい) ロバート・E.・ウェルズ作 せなあいこ訳 評論社  

      

「マメ子と魔物」は、はじめて子どもの前で語った。子どもたちは、よーく聞いてくれた。前半の魔物とのやりとりはおもしろがり、魔物にいよいよつかまってからは真剣にきいている。勉強会で仲間の前でやったときとは反応が違うので、ちょっと、どぎまぎしてしまった。やはり子どもたちの方が、マメ子に同化しやすいのだろう。『よかったねネッドくん』は、読んだことがあるといった子が多かったが、「じゃあ、他のにしようか」というと「読んで~」という。「読んでほしい人は手を挙げて」というと、ほぼ全員が手を挙げたので読んだ。先がわかっていても面白いお話だ。最後の『シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)』は、ふつうサイズで後ろの方が見えないかもしれないと思ったけれど、科学絵本をプログラムに入れたくて選んだ。シロナガスクジラ→エベレスト→地球→→と、どんどん大きいものを比べてだしていく。太陽ぐらいまでは想像できて、わいわい喜んでいたが、そのあと、アンタレス、銀河……となると、ついていけなかったようだ。たくさんお話をきいたあとだから、余計にということもあるだろうが……。
 クイズ形式の本なんか持ってこればよかったかもしれない。あるいは、「ホットケーキ」みたいな笑えるお話のほうが、後ろの方も楽しめてよかったかも。
 おはなし(ストーリーテリング)は、やはり力があると思う。

 

« 2月のひよこちゃん 食べ物と動物の絵本 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目年齢幅の広い「マメ子と魔物」 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63294958

この記事へのトラックバック一覧です: I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 2年生全部 「マメ子と魔物」デビュー:

« 2月のひよこちゃん 食べ物と動物の絵本 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目年齢幅の広い「マメ子と魔物」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ