最近のトラックバック

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 2年生全部 「マメ子と魔物」デビュー | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 焦ってて…… »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目年齢幅の広い「マメ子と魔物」

 ここのところ、急な雑用がたてこんでいる。こういう時に限って、おはなし会の予定がたくさんあって、てんてこ舞いだ。3/4はD保育園。今年度最後だ。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話
 手遊び つくしんぼ *
 おはなし マメ子と魔物 イランの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 子どもたちは午前中に遠足があって、お昼ごはんのあとに少しお昼ねをしたということで、なんだかいつもより、ハイテンション。「アナンシと五」では、魔女の呪いの言葉、アナンシの策略、すべてをよく理解して、「こわーい」「だめだめ!」と声をあげながら聞いている。アヒルのおくさん、ウサギのおくさんがアナンシのわなにかかった後、ハトの奥さんがわなにかかりそうでかからないと、はじめは息をつめ、そのあとは大笑いして聞いていた。このお話は面白いけれど、こんなに盛り上がって聞いているのは初めて見た。
 手遊びも、単純なものだたけれど、キャッキャッと喜んでいる。そして「マメ子と魔物」。語りはじめてすぐに「落ち穂ってなに?」と、いちばん前の子に聞かれて、思わず「麦の穂の落ちたの」と答えたが、わかったかどうか……。でもまあ納得したのでそのまま続けた。このまえ3年生に語った時と微妙に反応が違う。魔物が出てきたところからとても怖そうな顔をした。マメ子と魔物のやりとりも面白がるより怖がっている感じだ。最後にマメ子が魔物をかまどに押し込んでしまうと、「やったー」といって、拍手をした。このおはなしは、聞ける年齢幅が広くて、それぞれに違う反応がありそう。これからどんどん語っていきたい。

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 2年生全部 「マメ子と魔物」デビュー | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 焦ってて…… »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63307692

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目年齢幅の広い「マメ子と魔物」:

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 2年生全部 「マメ子と魔物」デビュー | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 焦ってて…… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ