最近のトラックバック

« S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 怖いものが好き | トップページ | 3月のひよこちゃん 0歳さんもいっしょに »

J保育園未満児さんおはなし会 『けんけんぱっ』は2回繰り返して

 未満児さんというの、来年度年少さんにあがる子たちと、そのもう1学年下のクラス。いちばん大きな子はもう1か月もすれば4歳、いちばん小さな子は2歳になったばかりの子たちだ。人数は14人。でも、園での集団生活が慣れているせいだろう。部屋に敷かれたゴザの上におぎょうぎよくすわって聞いてくれた。

プログラム
 手袋シアター つんつんつくし *
 絵本 にんじん だいこん ごぼう 日本の昔話より (幼児絵本シリーズ)  植垣歩子再話・絵 福音館書店 *
 絵本 けんけんぱっ にごまりこ作 こどものとも0.1.2. 2016.02号 福音館書店
 手遊び やさいのうた
 絵本 ひらいたひらいた (こぐまちゃんえほん) でんしゃでいこうでんしゃでかえろう  わかやまけん作 こぐま社
 大型絵本 でんしゃでいこうでんしゃでかえろう  間瀬なおたか作 ひさかたチャイルド

     

 こんなに小さな子たちなのに、とてもいい聞き手だった。
「つんつんつくし」の手袋シアターでは、つくしが「う~、さむいっ!」と引っ込むところを、2回目から期待していっしょに言ってくれた。おもわず、いつもより1回サービスする。『にんじん だいこん ごぼう 日本の昔話より (幼児絵本シリーズ)』も、子どもによってどこまでわかっているのか、分からないけれど、楽しく楽しく聞いてくれた。ときどき「どうしてあついの?」「どうしてお風呂がきらいなの」と質問がでる。小さな子たちなので、それら答えながらゆっくり読んでいった。読み終わると「はやっ!」のこえが。
『けんけんぱっ』では、さいしょきょとんとしていたが、読み手が最後までいってからもう一度読むと大喜びで笑っていた。小さな子には短いものをこうして繰り返すといいと思った。
 最後はお待ちかねのでんしゃの大型絵本『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』。一人の子は、ページをめくるごとに前にでてきて、電車やほかのもの(雪だるま、ふね)などをみつけてさわり、自分の座りばしょに戻っていく。他の子たちも絵に出てくるものの名を挙げては楽しんでいた。最後までいってから、また後ろから「でんしゃでかえろう」の方を読んだが、これは理解できなかた様子。「なんでまた読むの?」という子が何人かいた。それを理解するには、まだ年齢がみたないということだろう。
 帰りには何人の子が手をふれにきた。素直にふれあってくる小さな小さな子たち。あなたたちから頂くものがなんと多いものか。

« S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 怖いものが好き | トップページ | 3月のひよこちゃん 0歳さんもいっしょに »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 怖いものが好き | トップページ | 3月のひよこちゃん 0歳さんもいっしょに »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ