最近のトラックバック

« H小学校 朝の読み聞かせ 5年2組  息抜き系プログラム | トップページ | おすすめ絵本 『おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし』 »

2月のおはなし広場 大型絵本の使い方

 今年度もあと1か月半。早いなあ。
 おはなし会は音楽室で行っている。今日は合唱のための伴奏者と指揮者のオーディションをその音楽室でしていて、ぎりぎりにしか入ることができなかった。
 そのため準備に時間がとれずに、また、はどまりが、ばたばたとしてしまった。はあ~。

プログラム
 大型絵本 くまのコールテンくん (ビッグブック) ドン=フリーマン作 まつおかきょうこ訳 偕成社 * 
 おはなし ももたろう
 絵本 月夜のみみずく ジェイン・ヨーレン詩 ジョン ショーエンヘール絵 工藤直子訳 偕成社  
 大型絵本 大型絵本 しっぽのはたらき (かがくのとも劇場) 川田健文 薮内正幸絵 今泉吉典監修 福音館書店   *
 紙芝居 ばけものでら (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい) 水谷章三脚本 宮本忠夫画 童心社  

     

 

くまのコールテンくん (ビッグブック)』は、今月2年生の教室で読んだらとても反応が良かったと聞いていたので、1年生も喜ぶだろうと思って読んでみた。ところが、ボタンがとれていたところから、笑い声があがってしまった。山にのぼってみたいというところで、「うそだー」という子がいた。そのあと、ことごとく「うそだー」という。その声が広がってしまった。読み手としては不本意な反応だった。学年での読み聞かせは人数が多いので大型にしたが、もしかしたら、ふつうサイズの絵本のほうが、すーっとなかに入ってくれたのかもしれない。
「ももたろう」は、『ももたろう (日本の昔話 3) 』から。「ひとつ食えばうまいもの、ふたつ食えばにがいもの みっつ食えばからいもの、よっつ食えば頭の鉢がざるになる」を2回目から一緒にいっていた。『月夜のみみずく』は、すこし退屈してしまったかもしれない。こういう情景を追っていくおはなしは、なかなか聞いてもらいにくい。『大型絵本 しっぽのはたらき (かがくのとも劇場)』は、尻尾のもちぬしの動物を「なんのしっぽでしょう?」と聞いていくのだが、その間に興味深い説明があり、ここが大切だ。でも、こうしたお話会ではどうしても何の動物かのクイズに子どもたちが夢中になってしまう。そこで「『なんのしっぽでしょうか?』と聞くまで、お話しないでね」とくぎをさして始めた。とちゅうで、言ってしまう子もいたけれど、効果はあったと思う。
ばけものでら (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)』は、絵の迫力があって、楽しかった。
 少し間を押してしまった。『くまのコールテンくん (ビッグブック)』を短くて軽い本に代えるか、最後の『ばけものでら (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)』 をなくしてもよかったかもしれない。

« H小学校 朝の読み聞かせ 5年2組  息抜き系プログラム | トップページ | おすすめ絵本 『おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし』 »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63214468

この記事へのトラックバック一覧です: 2月のおはなし広場 大型絵本の使い方:

« H小学校 朝の読み聞かせ 5年2組  息抜き系プログラム | トップページ | おすすめ絵本 『おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ