最近のトラックバック

« 1月の朝の読み聞かせ 4年2組 テストの前に | トップページ | 1月のおはなし広場 世界の果てまで旅する「七羽のカラス」  »

I幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 真摯に

 なぜかわたしは、今日、違う園に午後に行くつもりで、朝はのんびりしていた。片づけがすんで、さて練習でもしようかとすわって、「ええっと、何時からだっけ?」と手帳を開いてみて真っ青になった。今日はI幼稚園で午前10時からじゃない!! 午後に行く園は来週だった。間違って思い込んでいた。でも、落ち着いて、いまならちょうどで間に合うと、そのまま家を出た。ふーっ。危機一髪でした。

プログラム
 十二支のはじまり 日本の昔話
 あなのはなし マラリーク作
 手遊び もちつき *
 はらぺこピエトリン イタリアの昔話 *

 今年度は、3回目(わたしは2回目)で最後。この園の子たちは本当によく聞いてくれるる「十二支のはじまり」は、もう先生に絵本で読んでもらったようで、十二支がちゃんと言えるようになっていたこともあり、ひとつひとつ頷きながら聞いていた。「あなのはなし」は、前半もじもじする子もいたのだが、オオカミが現れると、緊張して聞いている。
 最後はわたしの「はらぺこピエトリン」。おはなしに出てくるニョッキとフォカッチャの話をしてから始めた。ピエトリンが、人食い鬼バッボルコに持っていくためのごちそうを食べてしまうところを、すぐに予測している子がいたのにはおどろいた。バッボルコがちかづいてくるときは、びっくりしたような顔でじっと聞いている。ピエトリンが助けられると、緊張がとけたようで、体を動かす子がでてきた。お話はよく聞いていたが、ちょっと外から聞き方になって、最後の方で「7ひきのこやぎ」や「赤ずきんちゃん」に似ているというようなことも言っていた。その頃に、年少の子がドアをがらがらっと音を立ててあけたので、子どもたちの心がふっとお話から現実にもどってしまったこともあるかもしれない。
 おはなし会が終わってから、主任の先生のお話をうかがった。園では『エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ) 』や『ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ) 』『いやいやえん (福音館創作童話シリーズ) 』など、本を選んで読み聞かせされているそうだ。読み聞かせを真摯に考えていらっしゃって、素敵だなと思う。私たちも、ぜひ来年度もお願いしますと言ってもらえた。よし!私たちも真摯にとりくもう。

 

« 1月の朝の読み聞かせ 4年2組 テストの前に | トップページ | 1月のおはなし広場 世界の果てまで旅する「七羽のカラス」  »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/63070607

この記事へのトラックバック一覧です: I幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 真摯に:

« 1月の朝の読み聞かせ 4年2組 テストの前に | トップページ | 1月のおはなし広場 世界の果てまで旅する「七羽のカラス」  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ