最近のトラックバック

« 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! | トップページ | I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 4年1&2組 プログラムの順番 »

Sキッズクラブ 12月のストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちの大切な時間

 昨日のおはなし会。
 小学校となりのキッズクラブの部屋へ車で向かいながら、今日は下校時の子どもたちとすれ違わないから不思議に思ったら、個別懇談がはじまって、午前授業になっていた。そのためキッズクラブの子どもたちは、1時間ほど外遊びをしてからのおはなし会だった。いつもは、おはなし会の前の挨拶時は、わいわいがやがやとそれば騒がしいのだが、なぜか、しんとして聞いてくれる。
 おはなし会のあと先生にうかがったところでは、学校が終わってキッズクラブがはじまるすぐの時は、友達どおし、学校での出来事を話したり、クラスの違う子と話したり、そんなことをしたいのだそうだ。そんなときのおはなし会だから、どうしてもざわつくのだが、昨日はおはなし会の前に話す時間があったし、外遊びでエネルギーを十二分に発散させていたので、しずかに落ち着いて聞けたかもしれない、というのだ。
 わたしたちは、子どもたちの大切な時間をいただいている。真摯に取り組みたい。

プログラム
 馬方やまんば 日本の昔話 *
 ダチョウのくびはなぜながい? アフリカの昔話 松岡享子文
 マッチ売りの少女 アンデルセン童話

 おはなしもよく聞いてくれた。わたしの「馬方やまんば」では、馬の足を馬方がぶったぎって、3本脚、2本脚でかけていくところは楽しそうにくすりと笑い、後半はどうなるかと先を追いながら聞いている感じがした。「ダチョウのくびはなぜながい?」は、同名の絵本から。語りでは絵がないので、子どもたちはお話についてこられるだろうかと少し心配していたのだが、大丈夫だった。とくにダチョウがワニの口のなかに頭を突っ込んでからは真剣な顔で聞いていた。最後に12月らしい「マッチ売りの少女」。このお話は、情景が多く、しっとりしているので、元気のいい大勢の子たちが聞けるかどうか、またまた心配していた。さすがに疲れてしまった子もいるようだった。でも、聞く子はまんじりともせずに聞いている。ラストを子どもたちがどのように受け取ったか、聞いてみたいけれど、がまんがまん……。
 今年最後ということで、手づくりの花束とカード、そして座布団!!(段ボールを重ねたもの)をプレゼントしていただいた。ありがとう!!

 

« 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! | トップページ | I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 4年1&2組 プログラムの順番 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/62832244

この記事へのトラックバック一覧です: Sキッズクラブ 12月のストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちの大切な時間:

« 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! | トップページ | I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 4年1&2組 プログラムの順番 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ