最近のトラックバック

« 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 低学年 質のいい聴衆 | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! »

11月のひよこちゃん 小さな子の気持ちはかわりやすい

 図書館にいくと、たくさんの親子さんが待っていてくださってびっくり。8組の親子、そのうち2組にきょうだいがあって、10人の子が集まってくれた。0歳は4人ぐらい、いちばん大きな子は3歳だろう。

プログラム
 人形をつかって かくかくかくれんぼ *
 絵本 ぼくのいす?  すぎもと れいこ作 accototo絵 教育画劇
 絵本 あかくん でんしゃと はしる (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)  あんどうとしひこ作 福音館書店
 わらべうた だいこんづけ *
 絵本 かあーかあー からすさん 増田純子作 こどものとも0.1.2. 2015.10 福音館書店 *
 絵本 もりのおふろ (幼児絵本シリーズ) 西村敏雄作 福音館書店 *
 わらべうた どっちんかんちんかじやのこ
 紙芝居 ハッハッハークション (0・1・2かみしばいみんなにこにこ)  ときわひろみ脚本 ささき みお画 教育画劇
 紙芝居 みーつけた (年少向けおひさまこんにちは) 大和田美鈴脚本画 童心社
 わらべうた さよなら あんころもち

「かくかくかくれんぼ」で注目してくれて、いい始まりになった。『ぼくのいす?』はいろいろな動物がでてきて、「ぞう」「きりん」という。ひとりキリンの好きな子がいて大喜びだった。『あかくん でんしゃと はしる (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)』では、電車の好きな男の子が立ち上がって見ている。つぎに「だいこんづけ」の手遊びをしようというと、ひとりの子が「ほうちょうできる」としつこくいう。わたしが「まず、大根を漬けようね」と言って、何度か遊んだあと、「じゃあ、切ろうか」といって、切る真似をしたのだが、その時にはもうその子の「切る」こだわりはとっくにうせていた。子どもの気持ちは変わりやすい。先に切ればよかった。
『かあーかあー からすさん』は、黒いカラスと赤い実のコントラストが美しい絵本。赤い実がひとつずつカラスの口のなかに入って、消えていくのが素敵だ。子どもたちはよく見てくれたと思う。次の『もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)』で、Aちゃんがママのところと絵本のあいだを行ったり来たりしている間に転倒。うわーんと泣き出した。ママは生まれたばかりの赤ちゃんをしっかり抱いているので、余計に泣けるのかもしれない。絵本を中断してしばらく待ったが泣き止まない。これはもう落ち着くのを待つしかなく、そのままにしてまた読んだ。次々動物が出てくるけど、キリンが出てこないので、キリン好きな子は、不服のようだった。
 次の「どっちんかっちんかじやのこ」のわらべうた遊び。いつも大はしゃぎするNちゃんが、きょうはなぜかご機嫌斜めで、途中から泣いてしまった。そんんわけでいつもはなんかいも繰り返すが、今日は2回しておしまい。
 紙芝居では大きな子たちが扉の開け閉めで大活躍。泣いていたAちゃんもNちゃんもご機嫌を直してくれた。それにしてもまあ、いやはや、小さな子の気持ちは変わりやすい。

   

« 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 低学年 質のいい聴衆 | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/62754501

この記事へのトラックバック一覧です: 11月のひよこちゃん 小さな子の気持ちはかわりやすい:

« 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 低学年 質のいい聴衆 | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 絵本を忘れた!! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ