最近のトラックバック

« 雨の日のお昼休みのおはなし会 4回目 長さんありがとう! | トップページ | I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 午前と午後とどちらがいい? »

I幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 「ついでにペロリ」を楽しむ

 この園には3年ほどまえから、私たちのおはなしグループが年に3度ぐらい行かせてもらっているのだが、私はいつも都合が悪くて、今日が初めて。子どもたちは2回目のおはなしだ。30人位が椅子席で3列、横に並んで聞いてくれた。

プログラム
 ふしぎなたいこ 日本の昔話
 三枚のお札 日本の昔話 *
 つでにペロリ デンマークの昔話

 私は三枚のお札を語った。タイトルをいうと「知っている」「知っている」という声があちこちであがる。「みんなの知っているお話と同じかもしれないし、違うところがあるかもしれないから聞いていてね」といって始めるが、おしょうさんと小僧さんがでてきて「知っている」、栗がでてきて「知っている」と、しばらくは「知っている」が続いた。それでも、やはりおにばばが出てくるあたりから口をとじて聞きだした。小僧さんが追いかけるところで、急に立ち上がった子がいたのには驚いた。おはなしが終わるとしーん。「おしまい」というと、力が抜けたようだった。
 そのあと「ついでにペロリ」が、ものすごくいい反応だった。このおはなしでは、ねこが出会ったものを次々と呑みこんでいく。「まずは、おかゆをはらいっぱい。それからついでに鍋ひとつ。もひとつついでにばあさんひとり、つむじ曲がりにへそ曲がり、鳥はまとめて……」と呑みこんだものを挙げていく。子どもたちはどうも「へそまがり」が面白いらしく、その言葉が出るたびに笑う。また、語り手がその積み上げて繰り返すセリフを早口でポンポンといったこともあって、その言葉の響きを楽しみに聞いている。私もかたるのだが、いつもあまりうまく語れない。今日きいて、なるほど、こういうのもいい!ととても参考になった。ラスト近くで「踊りながら」飛び出してくる女の子たちのところでは、踊る格好をして友だちと笑いあう子もいて、本当に子どもたちがお話を楽しんでいるとわかった。また私もどこかで語ろう!と思った。

« 雨の日のお昼休みのおはなし会 4回目 長さんありがとう! | トップページ | I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 午前と午後とどちらがいい? »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/62304778

この記事へのトラックバック一覧です: I幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 「ついでにペロリ」を楽しむ:

« 雨の日のお昼休みのおはなし会 4回目 長さんありがとう! | トップページ | I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 午前と午後とどちらがいい? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ