最近のトラックバック

« 9月のひよこちゃん 発達をふまえた「こめついたらはなそ」 | トップページ | 参観日の読み聞かせ  »

I保育園 9月のお誕生日会 小さな園だから

 田んぼの真ん中にあるI保育園。未満児さんから年長さんまでたったの12名。今日はお休みもあって9名だった。
 私たちのグループは大きな出し物はできないので、誕生日のお楽しみ会での依頼は、普段お断りしているのだけれど、この園だけは別。誕生日会を楽しみにしている。まずは、今日の主役M君のお誕生日会。Mくんはお母さんもいらしていて、とてもうれしそう。それから私たちの出番となった。

プログラム
 絵本 とんとんとん (新しいえほん)  あきゆまただし作 金の星社
 絵本 とっくんトラックもりへぶぶー  いわむら かずお作 ひさかたチャイルド
 紙芝居 ヤギとコオロギ (2011年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき)  さえぐさひろこ脚本 大畑いくの画 童心社 *
 手遊び 虫かご
 絵本 きょうのごはん  加藤休ミ作 偕成社 *
 エプロンシアター おばけちゃん

とんとんとん (新しいえほん) 』は、どの色の家に入るのかをちゃんと子どもたちは見ていて、「黄色いドアだったんだね」と、年少さんの女の子。『とっくんトラックもりへぶぶー』も、しずかにじいっと見ていた。『』のとき、紙芝居の舞台を見せて「さあ何が始まるでしょう」というと、「前もそれ(紙芝居の舞台)見たよ」と年長さん。扉をあけると、さすが、『ヤギとコオロギ (2011年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき) 』のタイトルを読んでくれた。読み始めると未満児さんがウロウロし始めたので、「あちゃー、ちょっと難しすぎたか」と思ったが、他の子たちはとても真剣に聞いてくれた。『きょうのごはん』では、どんな食べ物がでてくるか、わいわい言ってくれた。コロッケを作る場面では、「きょうのごはん、なーに?」ときくと、「餃子!」。前に図書館で読んだ時もそうだった。今は、手作りはコロッケより餃子の方がなじみがあるのかもしれない。
 最後のパネルシアターは、年長さんが、書いてあるんだ。かくしてあるんだと、仕組みを知りたがったが、それでも、おばけが食べるフルーツによっていろいろな色に変わっていくのを大喜びしてみていた。
 最後に記念写真までとっていただいて、ありがとうございます。

 私たちが帰るときは、もう給食の時間。M君のお母さんも一緒に、全員がひとつの部屋で、楽しそうに食べていた。小さい園っていいなあ。

  

« 9月のひよこちゃん 発達をふまえた「こめついたらはなそ」 | トップページ | 参観日の読み聞かせ  »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I保育園 9月のお誕生日会 小さな園だから:

« 9月のひよこちゃん 発達をふまえた「こめついたらはなそ」 | トップページ | 参観日の読み聞かせ  »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ