最近のトラックバック

« 7月のひよこちゃん わらべうたは無理強いしないで | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 おはなしは語り手と聞き手がつくるもの »

I市立図書館7月のおはなし会 近々メガネの使いこごちは?

 今年も始まりました。暑い暑い夏っ! 涼しい図書館は、たくさんの人でいっぱい。小学生の子もたくさんいて、お話の部屋にも入ってくれました。

プログラム
 おはなし ちいさなちいさなおはなし *
 絵本 すいか! (にじいろえほん)  石津ちひろ文 村上康成絵 小峰書店 *
 絵本 きれいなはこ (あーんあんの絵本 4)  せなけいこ作 福音館書店
 手遊び おちたおちた *
 絵本 へそもち (こどものとも傑作集)  渡辺茂男文 赤羽末吉絵 福音館書店 *
 クイズ 『やさいむらのなかまたち 夏 』ひろかわさえこ作 アリス館)より *
 紙芝居 しょうじきこぞうさん (ギャハハ!おなかがよじれる爆笑民話) 松岡節文 毛利将範画 教育画劇

 いつも大半を占める2~3歳さんはほとんどいなくて(暑いからね。外には出ないのかな)、年中さん以上の子が14人。小学生の子は3年生ぐらいまでいた。親子できているのは4組で、これもいつもより少ない。そのせいか、出入りも激しく、おちつきがない感じもあったが、6~7人は、じっとして、とてもよく聞いてくれた。だから、それはまあまあいいおはなし会だと思う。
 でも、私は2つほど反省。
 ひとつは、今日初めて近々メガネをかけてみたことにはじまる。というのも『へそもち (こどものとも傑作集)』は、たて開き。自分に近づけないとうまく絵本をもてない。家で練習してみて、パソコン用の近々メガネをかけるのがいいと判断したのだ。ところが、初めに読んだ『すいか! (にじいろえほん)』は、横開き。子どもたちにしっかり見せようと、ぐーんと手をのばして絵本をひらいたら、近々メてうまくいったが、子どもたちを意識していないので、近くにもってきていたのだろう。)つまって、こりゃいかんと、メガネをはずして、読みなおした。
 もうひとつの反省は、『へそもち (こどものとも傑作集)』を読む前の手遊び。雷がおへそを取ることを印象づけようと、初めてやってみた。それが、練習不足で、うまくテンポよくできなくてトホホの結果に。子どもたちはそれなりにやってくれたけれど、物足りなかったと思う。ごめんなさい。
 クイズは、ひろかわさえこ先生の講演会で紹介してくださったやり方をさせていただいた。子どもたち、よーく聞いて、ちゃんと答えてくれた。ただ、本がI市立図書館にないのが残念。
 紙芝居『しょうじきこぞうさん (ギャハハ!おなかがよじれる爆笑民話)』も大きな子でないとわからないもの。男の子がすごく熱心にきいて、笑い声を立てていたのが印象的だった。

   

« 7月のひよこちゃん わらべうたは無理強いしないで | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 おはなしは語り手と聞き手がつくるもの »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61955023

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館7月のおはなし会 近々メガネの使いこごちは?:

« 7月のひよこちゃん わらべうたは無理強いしないで | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 おはなしは語り手と聞き手がつくるもの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ