最近のトラックバック

« I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 5年2組 落ち着いて静かに語る | トップページ | 7月のK図書館分館おはなし会 みんなでくっついて »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 それぞれに楽しい想像

 今年度もD保育園へおはなしに行かせてもらえることになった。ありがたいことです。
園では、明日は夕涼み会が予定されていて、先生方は準備に忙しそう。年長さんはたぶん、明日の晩はお泊り会になっているので、子どもたちもうきうきした雰囲気だ。子どもの数は22名。はじめは椅子席で座っていたけれど、ござに座ってもらった方が話しやすいというとすぐに変更。子どもたちもさつと動いてくれた。すごーい!!

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作 *
 手遊び いっちゃんいがつくいるかのこ *
 おはなし ついでにペロリ デンマークの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ

 ひと月前にK第2幼稚園で行ったのと同じおはなし。おはなしを聞いてもらうのは初めてなので、K第2幼稚園のときと同じように、「世界でいちばんきれいな声」をゆっくりとはなした。子ガモは好奇心いっぱいの男の子というイメージ。反応もよくて、「子ガモに○○といえるでしょうか?」の繰り返しのたびに、「言えない」と答え、子ガモが真似をして鳴く時は耳を澄ませて聞いて、その声をおもしろがって笑う。でも、子ガモがうまく鳴けなくて「とても悲しくなりました」というと、みな一様に心配そうな顔になって、しずかに聞いてくれた。最後にお母さんがものように「鳴いてみよう」というと、「鳴けるよ」という子がいて、本当に「クワックワッ」と鳴くと、につこりと笑ってくれた。語り終わると「おもしろかった」と言ってくれる子がいて嬉しかった。
「ついでにペロリ」は、ねこが鍋を食べてしまうと、「はっ」と驚く子がいて、「へそまがり」という言葉にわらう。面白かったのは、鳥をネコが食べてしまうと、「鳥はやきとりだよ」といい、女の子が食べられると「女の子はよわいんだよ」。そして「牧師先生」が食べられると、担任の先生に「先生、食べらちゃったよ」。ひとつひとつの反応が、今までになくて、おかしくて、こちらが笑ってしまった。最後には、ネコはどうなっちゃったの?と、それぞれが考えて、破裂しちゃったとかいろいろ考えていた。
 年長さんぐらいだと、「ついでにペロリ」は、よくわからない言葉があるのだろう。でも、ネコがどんどん食べていってしまうのはわかって、いろいろな想像をして聞いているのだ思う。子どもたちの頭の中で、どんな絵が動いているのか見てみたい。
 今度は9月にうかがう。今度はどんな反応を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

« I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 5年2組 落ち着いて静かに語る | トップページ | 7月のK図書館分館おはなし会 みんなでくっついて »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61826945

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 それぞれに楽しい想像:

« I南小学校 7月の朝の読み聞かせ 5年2組 落ち着いて静かに語る | トップページ | 7月のK図書館分館おはなし会 みんなでくっついて »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ