最近のトラックバック

« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 聞こうという姿勢 | トップページ | 課題図書を読む『ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつのせかい』 »

6月のK図書館分館おはなし会 女の子たち

 こちらに記録するのが遅れた土曜日のおはなし会。初めに女の子たちばかり3人待っていてくれた。そのうち一人はこの4月からひよこちゃんのおはなし会を卒業した子。2つ上のお姉ちゃんといっしょだ。もうひとりは4歳さん。途中から2歳の女の子が、両親とおばあちゃんと一緒に来てくれた。

プログラム
 わらべうた&あてっこ おてぶしてぶし
 絵本 どろんこ! どろんこ! (講談社の創作絵本)  村上康成作 講談社
 絵本 みつこととかげ (こどものともコレクション2011)  田中清代作 福音館書店
 絵本 ふってきました (講談社の創作絵本)  もとしたいづみ 講談社
 わらべうた&手遊び ふくすけさん
 絵本 うちの おばけ  谷口國博文 村上康成絵 世界文化社
 紙芝居 それゆけパトカー (のりものだいすき)  神戸淳吉脚本 椎野利一画 教育画劇 
 エプロンシアター かえるののどじまん

 女の子たちばかりのせいか、おとなしいけれど、よく聞いていたし、手遊びも恥ずかしそうに下の方でやっていた。『みつこととかげ (こどものともコレクション2011)』は、6歳のお姉ちゃんがやっぱりよく聞いている。『ふってきました (講談社の創作絵本)』は、おもったより喜ばなかった。もっと大きい子(小学生)の方が面白さがわかったのかもしれない。『うちの おばけ 』は2歳の子がいちばん反応して、けらけらと笑っていた。紙芝居はパトカーのものなので演じ手が「女の子ばっかりなんだけれど……」というとおばあちゃんが「大きな男の子がひとりいるよ」。ふふ……おとうさんはおばあちゃんにとって大きな男の子なんだね。
 エプロンシアターでは、演じ手がマイクを向け「元気ですか?」と尋ねると、前にいた3人はみな「元気です」とまじめに答えていた。フェルトでつくったマイクなのだけれど、マイクを向けられると緊張しちゃうんだなと思う。最後はみんなで「かえるのうた」を歌って、にこにこおしまい。また、来てね。

   

« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 聞こうという姿勢 | トップページ | 課題図書を読む『ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつのせかい』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61714330

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のK図書館分館おはなし会 女の子たち:

« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 聞こうという姿勢 | トップページ | 課題図書を読む『ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつのせかい』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ