最近のトラックバック

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 おうちでの読み聞かせみたい »

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 ひとりひとりが、すてきな花

 1年間とってもよく聞いてくれたD保育園の年長さんの最後のおはなし会。今日は午前中に消防署でレンジャー訓練の体験をしてきたので、居眠りする子があるかもしれないと園長先生からうかがってから部屋に入った。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話
 手遊び やすべえじじい *
 おはなし はらぺこピエトリン イタリアの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 子どもたちは疲れを見せずに、いつものようにとてもよく聞いてくれた。「アナンシと五」で、アナンシが「さつまいもの数をかぞえてくれませんか?」というと、「自分で数えるくせに!」と何度も言う子。アナンシにだまされてアヒルが数を数えて食べられてしまってから、うさぎやハトが数えはじめると「だめー」と制しようとする子が何人もいる。ハトの奥さんがな最後まで数えないのを、1回目2回目では息をつめて聞いていたけれど、3回目には笑い出す子が。そしてラストでたくさんの子どもたちの笑い声がはじけた。
「はらぺこピエトリン」も、目をまんまるくして、息をつめて聞いてくれた。人食い鬼のバッボルコの家にピエトリンがついたところで、「はっ」と息をはいて怖がる子がいて、子どもたちがどんなに怖がって聞いているかわかって少し驚いた。バッボルコがピエトリンの家にやってくると、ひとりの子が「わー」と大きな声を上げた。その子はそのあと、顔を手で隠して聞いている。よほど怖いのだろう。最後にバッボルコのお腹が破裂してしまうと、笑い声が上がった。このおはなしは、小学校で語ると(わたしはまだ語ったことがなく、他の人が語るのをきいただけだが)、ヒツジや牛のふんを、ピエトリンが料理の代わりにするところで大笑いするのだが、そこも真面目に聞いていた。そうしたおもしろさより怖さが先にたつのだろう。年長さんだからの聞き方なのか、私の語り方が怖いのか……小学生にも語ってみたい。

 さて、今日は最後ということで、手づくりのメダルとブラバンのストラップをいただいた。そして、「世界に一つだけの花」の歌のプレゼント。最後のフレーズは手話もつけてくれた。ひとりひとりが精いっぱいにうたって手話をしている姿を見せていると、本当にひとりひとりがきれいな花に見えてきた。そして、わたしも、わたしの花をがんばって咲かせ続けようと、元気をもらった。
 また、担任の先生から「子どもたちは毎回とても楽しみにしていて、いまでも『きれやいば』や『あなのはなし』のことを話すんですよ。」と言っていただけた。なんてうれしいこと、ますます元気になった。

 D保育園のみんな、本当にありがとう!!
 

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 おうちでの読み聞かせみたい »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61239052

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 ひとりひとりが、すてきな花:

« I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば | トップページ | 3月のK図書館分館おはなし会 おうちでの読み聞かせみたい »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ