最近のトラックバック

« 2月のひよこちゃん それぞれちがう | トップページ | I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば »

I市立図書館 2月のおはなし会

 昨日のおはなし会。天気がよいせいか、I市立図書館としては、いつもより少なめで子どもが9人、大人が6人。そのなかで男の子2人は、ストーリーテリングで何度かおはなしにいったH保育園の年長さん。私を覚えていてくれたのは嬉しかったが、この子たちがおはなし会のあいだにばたばたと立ち歩いてしまう。一度、片方の子のお母さんがいらっしゃって、座っていたら、べったりくっついて座りおちついたのだが、お母さんがいなくなるとまた動き回る。3、4歳以下の子が多くてみな親子で見ているから、年長さんふたりは他の子たちより大きいとはいえ、お母さんが気になるのだと感じた。

プログラム
 わらべうた ずくぼんじょ
 絵本 ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん) ましませつこ絵 小林衛美子案 こぐま社 
 絵本 くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)  なかやみわ作 童心社 
 絵本 ひなたぼっこです  高畠純作 絵本館 *
 わらべうた遊び にぎりぱっちりたてよこひよこ *
 紙芝居 いやいやたまご (ともだちだいすき)  竹下文子脚本 ましませつこ画 童心社 *
 大型絵本 ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)  中川李枝子文 大村百合子絵 福音館書店
 わらべうた さよならあんころもち

 年長の男の子たちは、はじまりが小さい子向けだったのが、気に入らなかったようだ。自分たちはもっと難しいお話が聞けるというわけだ。で、『くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)』。とてもよく聞いた。他の子たちも……クレヨンはなじみがあるし、くろくんの気持ちもとてもよく理解できるのだろう。でも、そのあとからはまたいけない。聞いてはいるのだけれど、なんだか、お話に入り込んで聞いているという感じではない気がした。なんでだろうなあ? やはり、部屋の雰囲気がそうなってしまったのか、選んだ本がいけなかったか……。そのなかで、ひとり3歳くらいの男の子は『ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)』のおはなしの中に入っていて、「いいにおいがする」とお父さんにいっていた。
 いろいろな子がいて、いろいろな条件があって、その日のおはなし会の様子が変わってくる。で、昨日は、ちょっとばらけちゃった。ま、そういう時もあるわさ。そして、来た子どもたちにとって楽しいと思えること、わくわくすることがちょっとでもあった、と信じよう。

  

 

« 2月のひよこちゃん それぞれちがう | トップページ | I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61214515

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館 2月のおはなし会:

« 2月のひよこちゃん それぞれちがう | トップページ | I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ