最近のトラックバック

« I市立図書館 2月のおはなし会 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 ひとりひとりが、すてきな花 »

I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば

 今年度最後の全学年を対象にした朝の読み聞かせ、ということで、参加させてもらった。担当は3年2組。持ち時間は30分。元気のいい子たちで、並ぶのにそこらで小競り合いが始まる。ちょっとひらいた体勢で座ってしまったのだが、移動してもらうとまた衝突しそうな気がして、そのままで始めた。

プログラム
 絵本 あっ、ひっかかった (児童書)  オリヴァー・ジェファーズ作 青山南訳 徳間書店 
 おはなし 馬方やまんば 日本の昔話
 絵本 すいしょうだま (fukkan.com)  スズキコージ作 復刊ドットコム
 絵本 どっちもね  おおなり修司ことば 高畠純絵

あっ、ひっかかった (児童書)』は、どこで読んでも喜ばれる。ページめくるたびにええーっ!と言いながら見ている。大きな木だなあ、とか、このままでどうするんだ? などという、今までにない声も聞こえた。この絵本でいい感じになったのでお話へ。ところが、わたしはいい気になりすぎた。つい、お話を追わずによそ事を考えていたので、2回同じことを言ってしまったような気がして(たぶん言ったと思う)、「同じこと、前に行ったよねえ」などといって、続けた。子どもたちの様子を見ていると、そのことで、そのあとに支障はなかったようで、馬の足が3、2本となっていくところを楽しんでくれた。繰り返しの多いお話は、こういうことがありがちだけれど、絵を描いて語っていればありえないミス。ほんとうに反省です。次の『すいしょうだま (fukkan.com』は、独特な言い回しがしてあり、読みにくい。それで読むのに集中し、子どもたちの反応をあまり見ることができなかったが、どうだっただろうか? おもしろいと思って聞いてくれたか、つまらなかったか……心配なところだ。少しだけ時間があまったので『どっちもね』で、声を出してもらう。「ねことかげ」が「ねこと、かげ」」「ねこ、とかげ」というようにどっちでもとれるという本。こういう手の本はいくつもある。この絵本はふたつの読み方が見開きページに並べて書いてあるので、声を出して読んでもらうのにいい。3年生の子たちは、ちゃんと理解して読めたようだ。

 お話のあと、この学校の読み聞かせの会の年度末の意見交換会に参加。校長先生もいらして、読み聞かせを大切にしてくださっているのがわかる。会員の方たちも、それぞれに個性を生かして、子どもたちを本に向かわせる努力をしているのを感じる。折り紙、朗読、自分なりのおはなし……。そして会の皆さんみんなが楽しそうだ。
 子どもたちが生きる力をつかみとること。本やおはなしや、世の中の様々なものに興味をもつこと。その手助けになろうと頑張っている人たちが、ここにもたくさんいる。
来年もごいっしょさせてください。

  

« I市立図書館 2月のおはなし会 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 ひとりひとりが、すてきな花 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61233167

この記事へのトラックバック一覧です: I南小学校 3月の朝の読み聞かせ 3年2組 頭に描いていれば:

« I市立図書館 2月のおはなし会 | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 ひとりひとりが、すてきな花 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ