最近のトラックバック

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 面白いお話をきいてという気持ちで! | トップページ | 2月の朝の読み聞かせ 5年2組 決めるときは決められる »

H小学校 1月 朝の読み聞かせ 6年1組 高学年の壁

 朝、出かけるころになって雪がちらちら落ちてきた。でも、歩いていったので、あまり寒さを感じない。H小学校、今年度最後は6年生のクラス。きちんと並んでむかえてくれた。

プログラム
 絵本 バナナじけん  高畠那生作 BL出版
 おはなし だんだん飲み 日本の昔話
 絵本の紹介 あんな雪こんな氷 (講談社の創作絵本)  高橋喜平文・写真 講談社

バナナじけん』は、昨年度に続き、活躍してもらっている絵本。ノリのいいクラスだ、表紙を見せただけで笑いが起こる。しかし、このクラスでは静かだ。本文に入っていく。サルが落ちているバナナを見つける。「どうするとおもう?」……返事がない……たいていは、だれか答えてくれるものだがと思いつつ、読み進み、サルが投げたバナナの皮を、あとからきたうさぎは気づいていない。「どうなるとおもう?」……またしても無言……こんな調子で最後まで行ってしまった。はじめのうち、笑顔をみせていた子たちも、最後の方はなんだかつまらなそう。ううーん、この絵本は、みんなで笑って面白がると、さらにいっそう面白くなるのだと感じた。
 次の「だんだん飲み」も、なんだろう。数人の子がにこにこしているものの、なんだかしらーっとした雰囲気が漂わせている子が多い。これも、みんなで、へええーと面白がって聞くと、余計面白いのだと思う。とにかく、反応している子を頼りに語り終えた。
 少しだけ時間が余ったので『あんな雪こんな氷 (講談社の創作絵本) 』の中身を見せながら紹介する。これは、真面目にふむふむと頷いて聞いてくれた。

 高学年は時々反応してもらえないときがある。子どもたちの前に壁がたちふさがっている感じ。とくに笑い話のときだと、痛手が大きい。真面目なお話にすればよかったかな? でも、終わったことは終わったこと。楽しんでいる子はきっといると信じるしかないよね。

       

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 面白いお話をきいてという気持ちで! | トップページ | 2月の朝の読み聞かせ 5年2組 決めるときは決められる »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/61130444

この記事へのトラックバック一覧です: H小学校 1月 朝の読み聞かせ 6年1組 高学年の壁:

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 面白いお話をきいてという気持ちで! | トップページ | 2月の朝の読み聞かせ 5年2組 決めるときは決められる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ