最近のトラックバック

« 2月の朝の読み聞かせ 3年2組 先生も成長 | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 みんなでかぶをぬこう!! »

J保育園 年中さん 2月のおはなし会 あーおもしろかった!!

 私がこの園に行くのは久しぶり。もしかしたら1年以上行く機会がなかったかもしれない。なつかしい。教室では、28人の子どもたちがきちんと座って待っていてくれた。

プログラム
  布シアター 緑のくさはら とっとこ羊 『こっちむいて・おはなしおもちゃ (おはなしおばさんシリーズ) 』(一声社)より *
 おはなし てぶくろ ウクライナの昔話
 絵本 もりのひなまつり (こどものとも傑作集)  こいでやすこ作 福音館書店
 絵本 うずまき しぜんのなかのかたち よつもと あきら作 福音館書店 
 手遊び体遊び ぐるぐるまわし
 紙芝居 いやいやたまご (ともだちだいすき)  竹下文子脚本 ましませつこ画 童心社 *
 絵本 まるまるまるのほん エルヴェ・テュレ作 谷川俊太郎訳 ポプラ社

「とっとこ羊」は、大喜びしてくれた。羊が挨拶したり、歩いたりするだけで笑い声が上がる。この前の児童館の未満児さんは、じーっと見つめていたけど、年が大きくなると反応もこんなに違ってくる。
 ストーリーテリングのおはなしは、この子たちはたぶん初めて。動物たちが手袋に入っていくのを嬉しそうに聞いていた。何匹入っていると数えている子、オオカミやくまが入るとどうなるかという顔をしている子など、いろいろな表情を見せてくれた。
もりのひなまつり (こどものとも傑作集) 』は、少し長い。聞く子はとてもよく聞いていた。女の子もだけれど、くいいるようにみつめている男の子も何人かいる。園長先生のおはなしでは、いつもは落ち着かない子たちらしい。『うずまき』は年中さんには少し難しかったかもしれない。声は出さずにじっと見ていた。
 疲れたようなので、手首、肩、頭をぐるぐる回してから紙芝居『いやいやたまご (ともだちだいすき) 』を読んだ。ひとつだけわれない卵が、ポンとわれると、「あっわれた!」と喜ぶ子がいて、読み手としては嬉しかった。
 でも、なんといっても子どもたちが喜んだのは『まるまるまるのほん 』。ページをめくるごとに丸の形や色、数、配置が変わっていくのを、驚き、歓声をあげた。手をたたくと丸がどんどん大きくなるところがクライマックス!! 終わるともうあと4回読んでという、声が上がった。ページごとの丸の変化は、ページに描いてあるだけだから、なにも不思議なことはないのだけれど、読んでもらって見ていると、魔法にかかって、本当に丸が変化しているように思える。
 「あー。おもしろかった。また来て~」という笑顔で、おはなし会が終えられて、私たちも大満足だった。ありがとう、また、来年度会おうね。

     

« 2月の朝の読み聞かせ 3年2組 先生も成長 | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 みんなでかぶをぬこう!! »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2月の朝の読み聞かせ 3年2組 先生も成長 | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 みんなでかぶをぬこう!! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ