最近のトラックバック

« A小学校秋の図書館祭 衝撃の半日! | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年 »

K市立図書館本館 11月のおはなし会

 今日から3連休で、ぽかぽかの陽気。図書館に子どもたちは少ない。でも、ぽつぽつときてくれて、子ども7人、大人6人が集まった。

プログラム
 わらべうた どんぐりころちゃん *
 絵本 ふたごのたこたこウィンナー  西村敏雄作 ひさかたチャイルド *
 絵本 きつねとねずみ(こどものとも絵本)  ビアンキ作 山田三郎絵 内田莉莎子訳 福音館書店
 絵本 やさしいきょうりゅう おおの さとみ文 オオノヨシヒロ絵 小学館
 絵本 どうぶつ しりとりえほん -新装版- 薮内正幸作 岩崎書店 *
 絵本 ライオンとぼく  垂石眞子作 偕成社
 絵本 どんぐりの き (ふしぎだな?ブック)  榎本 功写真 世界文化社 
 わらべうた さよならあんころもち

 小学生2年生の女の子の他は2~5才の幼児さんたち。恥ずかしがり屋の子が多くて、前に集まってきてといっても、お母さんお父さんのそばから離れない。「お母さん方も前へ来てください」と誘ったのだが、あまり来てくださらないので、広く散らばったままはじめた。こういったところは、分館の小さなおはなしの部屋の方がやりやすいかもしれない。
ふたごのたこたこウィンナー』は、もっと近くでみてほしかったけれど、仕方がない。遠くにいる子にも、「わかる?」と確認しながら読んだ。しりとりは、まだわからない子もいたので、「う」のつく動物はなに?と聞きながらすすめた。それぞれに考えてくれていたみたいだ。『ライオンとぼく』は、ライオンがおかしな恰好をしたりするのを2歳くらいの子がわらっていた。へえー、小さな子って、こういうユーモアがわかるのだと関心した。『』も、身近にあるから興味を持ってみてくれた。

 おはなし会のカードがいっぱいになってプレゼントをもらえる子がいて、プレゼントを選ばせていると、3歳くらいの子が自分もともらいに来た。でもまだカードがいっぱいではないからもらえないとわかると、うわーんと泣き出した。最初から泣きながらきてずっとご機嫌斜めだった子だ。困ったなと思っていると、メンバーのひとりが『ライオンとぼく』を見せて、「借りていこう」といって連れ出してくれて助かった。「ライオン」憧れなんだね。

   
   

« A小学校秋の図書館祭 衝撃の半日! | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/60694608

この記事へのトラックバック一覧です: K市立図書館本館 11月のおはなし会:

« A小学校秋の図書館祭 衝撃の半日! | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ