最近のトラックバック

« 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 のってきてくれません »

D保育園年長さん 2回目 「なら梨とり」キレヤイバー参上!

今日のおはなし会。職員室でお茶をいただいていると、年長さんのクラスから代表の子が私たちを迎えに来てくれた。その子がちゃんと教室までこちらですと手招きして連れていって、さらに椅子にまで案内してくれた。すごーい。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし あなのはなし マラリーク作
 手遊び でたでた月が *
 おはなし なら梨とり 日本の昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 前回とてもよく聞いてくれた子たち。今日も、それはよく聞いてくれた。「あなのはなし」では、まず靴下に穴が開いていることで喜び、その穴が歩き出したことでまた喜び、という具合に、それで?それで?という感じできくので、語り手はとてもゆっくり一緒に楽しみながら語り、そのできた空気がとても素敵だった。
 わたしの「なら梨とり」も、はじめからとてもよく聞いてくれた。太郎が沼の主に呑まれてしまうと「ええーっ!」。次郎のときは、少し集中が切れたが(これは繰り返しだからしかたない)、三郎がでてくると「またのまれちゃうの?」と横にいた先生に聞いている。三郎が「きれ刃」をもらうと「きれやいばぁ?」と聞く子がいたが、ここで答えるとリズムがくるっていまう気がして、そのまま続けた。三郎が沼の主を切りつけて倒すと「すごーい」と声が上がる。終わると、子どもたちはほっとした顔を見せた。
 さて、そのあと「きれやいば」という言葉を、子どもたちはわからないけれど、話の流れで刀だとわかっただろうという話を先生とした。子どもたちのヒーロー、○○戦士「○○ジャー」とひびきが似ているので、よけいに耳に残ったのではと先生。ひゃあ、そうなのか。
 おはなしの言葉って、響きがとても意味をもつ。「きれやいば」いい言葉だ。

« 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 のってきてくれません »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/60288728

この記事へのトラックバック一覧です: D保育園年長さん 2回目 「なら梨とり」キレヤイバー参上!:

« 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 のってきてくれません »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ