最近のトラックバック

« 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 »

H保育園 年長さん 「なら梨とり」子どもの反応

 また、どん寄りと、今にも降りそうな曇り空。園では、ビニールプールの片づけをしていた。今年は短い夏だったなあ。

プログラム
 三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話
 二ひきのよくばり子グマ ハンガリーの昔話
 なら梨とり 日本の昔話 日本の昔話 *

 前回、6月のおはなし会で、とてもよく聞いてくれた子どもたちで、楽しみにして出かけた。子どもたちは、私たちをよく覚えている。「知っている」「前にもきた」と口々にいう。それでも、お話が始まるとちゃんと口を閉じた。

 よく知っている「三びきのやぎのがらがらどん」は、子どもたちの集中が少し足りない気がする。そのまま「二ひきのよくばり子グマ」に。これも、はじめは落ち着かない様子だったが、こぐまたちのチーズを、キツネのおばさんがだまして少しずつ食べてしまうところから、真剣になって聞いていた。他人ごとではないらしい。
 いい感じてバトンタッチをもらったわたしの「なら梨とり」。話しはじめると「知っている」という声があちこちで聞こえる。太郎が、ばあさまの言いつけを忘れて沼の主にのまれるところはよく聞いていた。でも、次郎になると、その繰り返しだから、子どもたちはつまらないらしく、あまり集中して聞いていないでもぞもぞしている。ところが、三郎が、ばあさまに忠告されるところ、三郎がちゃんと言いつけを守るところから、俄然聞き出した。三郎が危険な目に合うわけではないのに、これは驚きだった。さらに、沼の主が死んでしまった後に、沼の主の腹から声がするところでも、それは一生懸命聞いている。こんなところを聞くのかと、もっと驚いた。
 このお話はまだ子どもの前では2回しか語っていない。1回目は人数の多い園だったし、2回目は小学校。今日はじめて、子どもたちの素直な反応がわかった。

« 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/60258195

この記事へのトラックバック一覧です: H保育園 年長さん 「なら梨とり」子どもの反応:

« 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし | トップページ | 9月のK図書館分館おはなし会 練習不足 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ