最近のトラックバック

« 『ふしぎなトラのトランク』想像の広がる愉快なおはなし | トップページ | 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし »

I市立図書館 おはなし会 家族で絵本を囲んで楽しむ

 不安定な天気が続く。図書館には家族連れの家族がたくさんいて、子ども15人、大人10人と大勢で来てくださった。子どもたちは2~5歳の小さな子が多い。

プログラム
 導入 ちいさなおはなし
 絵本 はぐ (幼児絵本シリーズ)  佐々木マキ作 福音館書店
 絵本 なーちゃんとおおかみ (こどものとも700号記念コレクション20)  多田ひろみ文 柳生弦一郎絵 福音館書店
 絵本 どうぶつしりとりえほん (幼児えほん)  薮内正幸作 福音館書店
 紙芝居 アリとバッタとカワセミ (ともだちだいすき) イ・スジン脚本・絵 童心社
 手遊び なっとうねばねば
 大型絵本 いただきバス (チューリップえほんシリーズ)  藤本ともひこ作 鈴木出版

はぐ (幼児絵本シリーズ)』は、小学校で読むと、はぐするふたりの意外なとりあわせをおもしろがって喜んでくれる。小さな子たちは、ハグする感触を楽しんでいるようだった。『『なーちゃんとおおかみ (こどものとも700号記念コレクション20) 』と紙芝居の『アリとバッタとカワセミ (ともだちだいすき)』は、子どもたちもよく聞いてくれたけれど、それ以上にお父さん、お母さんが大笑い。その笑顔で、子どもたちがより楽しんでくれたらと思う。みんなで楽しめたのは『どうぶつしりとりえほん (幼児えほん) 』。しりとりといえども、なかなか、難しい。「う」のつく動物の多いこと!! 小さな子から大人まで、次の動物は何かと真剣に考えた。最後の大型絵本『いただきバス (チューリップえほんシリーズ)』では、お父さんお母さんが、絵本といっしょな子どもをくすぐる真似をして、いっそう楽しくなった。
 こうして絵本を囲んで楽しむことが、家庭に広がってくれたらと思う。

  

             

« 『ふしぎなトラのトランク』想像の広がる愉快なおはなし | トップページ | 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/60196548

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館 おはなし会 家族で絵本を囲んで楽しむ:

« 『ふしぎなトラのトランク』想像の広がる愉快なおはなし | トップページ | 8月のひよこちゃん たっぷり、おはなし »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ