最近のトラックバック

« K第2幼稚園年長さん 1回目 同じプログラム、違う反応 | トップページ | G西保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 おはなしが届いただろうか? »

6月のK図書館分館おはなし会 

 先月、ゴールデンウィークの真んなか、ぬけるような青空で、子どもが来なかったK図書館分館。今日は、梅雨空のあやしい天気だもの、たくさん来てくれるはず……。でも、あれれ? また、だれもいない。開始5分前になって、MくんSちゃんのなじみの子たちが来てくれた。Mくんはもう3年生。Sちゃんも年長さん。大きくなった。

プログラム
 わらべうた おてぶしてぶし *
 絵本 ねずみくんのしりとり (ねずみくんの絵本 16)  ながえよしを文 上野紀子絵 ポプラ社
 絵本 どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 渡辺茂男訳 福音館書店
 手遊び でんでんむし *
 絵本 いぐいぐいぐいぐ (フレーベル館復刊絵本セレクション)  梶山俊夫作 フレーベル館 * 
 紙芝居 ザリガニのあか (ともだちだいすき) 高家博成脚本 仲川道子画 童心社 *
 エプロンシアター かえるののどじまん *

「おてぶしてぶし」は、布でつくった、さくらんぼを右手が左手かどちらにはいっているか、当てさせる。小さな子たちだと、どっちにはいっているか、できるだけわかるようにするのだが、今日の聞き手は大きいので、わからないようにやった。それでも、お兄ちゃんにはわかっちゃう。さすがだ。
ねずみくんのしりとり (ねずみくんの絵本 16)』のしりとりは、読み手が聞き手と考えながら読み進めた。「りすさんのつみき」という変則しりとりなので、「キリン」「ライオン」と、ふつうなら×の答えも大丈夫、うまくつなげられる。「ん」で終わってもなんと、続けられる(なぜかは絵本を見てね)。これなら子どもが安心して答えられそうだ。
どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) 』は「知っている」といいながらも、よく聞いていた。何度きいてもおもしろいお話はおもしろいのだろう。
いぐいぐいぐいぐ (フレーベル館復刊絵本セレクション)』は、先日、ある会の集まりで読んでもらって面白かったので読んでみた。年長さんの妹は、よくわからないようすで、そわそわしている。お兄ちゃんの方はとてもよく見てきいてくれた。そして、大人たちが大笑い。ある程度、大きくなってからの本かもしれない。
 紙芝居は、ふたりで舞台を開けてくれて始めた。ザリガニの生態がよく描かれている。
 最後のエプロンシアターは、兄妹は演じ手にマイクを向けられて、てれっぱなし。和やかにおはなし会を終えた。

 それにしても、今年度にはいって、どの週も子どもたちが少ない感じ。本館のほうは賑わっているけれど、なんだろうなあ。やっぱり、この地域の子どもの数が減っているからかなあ。

        

          

« K第2幼稚園年長さん 1回目 同じプログラム、違う反応 | トップページ | G西保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 おはなしが届いただろうか? »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/59775847

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のK図書館分館おはなし会 :

« K第2幼稚園年長さん 1回目 同じプログラム、違う反応 | トップページ | G西保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 おはなしが届いただろうか? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ