最近のトラックバック

« I市立図書館おはなし会 親子できいて | トップページ | H保育園 年少さん  まだとっても小さい »

S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 語り方、聴き方いろいろ「ひなどりとネコ」

 昨年度の秋から行かせてもらっているS幼稚園。今年度は、奇数月に行かせてもらえることになった。

プログラム
 おはなし おいしいおかゆ グリムの昔話
 わらべうた ふくすけさん *
 おはなし ひなどりとネコ ミャンマーの昔話 *

 はじめてなので「絵本や紙芝居がないから、おばさんのお顔を見てきいてね」と説明してからはじめた。
「おいしいおかゆ」は語り手が「おかゆって知っている?」ときくと、「知っている」「やわらかいの」などとわいわい答えてから、じっと耳を傾けていた。おはなしが終わると、「こわかった」。この反応は、G保育園でもあった。はじめてで、きまじめに聞いている子たちには、おかゆがどんどんあふれてくるのは、怖いことに思えるのだろうか。
 わたしの「ひなどりとネコ」も、じっと聞いていた。ひなどりがネコにつかまりそうになるところから、特に真剣になる。この園でも、おかあさんがひなどりにくしゃみを許してしまうところでは、あまり反応がなくて、つぼが割れて、「たいへんなことが起きました」といったところで、どうなったの?と
次の言葉を待っている。前回から、ひなどりの台詞を前よりゆっくり、ふがふがした感じにしたので、くしゃみに緊迫感がなくなったせいだろうか? 
「ひなどりとネコ」は、いろいろな語り方、反応があって面白い。

« I市立図書館おはなし会 親子できいて | トップページ | H保育園 年少さん  まだとっても小さい »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/59725021

この記事へのトラックバック一覧です: S幼稚園 ストーリーテリングによるおはなし会 年長さん 語り方、聴き方いろいろ「ひなどりとネコ」:

« I市立図書館おはなし会 親子できいて | トップページ | H保育園 年少さん  まだとっても小さい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ