最近のトラックバック

« H小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 静かに聞ける。 | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組 はじめてのおはなしは反応が気になる »

H保育園 年長さん 成長を感じる2回目

 9月に1度うかがったH保育園、前の時は、おはなしになれないせいか、落ち着かない子が目立ったので、覚悟して出かけていった。

プログラム
 力ばあさん 日本の昔話
 おおかみと七ひきの子やぎ グリムの昔話 *
 ネズミの御殿 ロシアの昔話

 子どもたちはみな椅子席。語り手の椅子も園児と同じものだったので、後ろの子からは顔が見えない。でも、立って語ると、語り手が高すぎてしまう。というので、語り手は座って語り始めた。途中で先生が大人用の椅子を持ってきてくださり、ようやく、ほどよい高さになった。
 そんなわけで、落ち着かなく「力ばあさん」は、餅をついた力ばあさんと餅をとりにきた鬼がひっぱりあう話。鬼やひっぱりっこが興味を引いたらしく、ええーっとか言いながら聞いていた。終わると「怖かった~」と意外な声が上がった。
 さて、わたしの「おおかみと七ひきの子やぎ」。タイトルを言うと「知っている~」と口々に言い始め、にぎやかになったが、語り始めると、ものすごく集中して聞き始め、驚かせてくれた。オオカミがとうとう家の中に入ってくるとおびえた顔をし、おおかみが井戸に落ちるとほっとした顔をする。語り手冥利につきる反応を見せてくれた。9月に「長い話してごめんね」と申し訳なく思いながら語ったのと、大違い。この数か月間の子どもの成長を感じた。あとで、先生にお聞きすると、ちようど発表会で年少さんが演じたとのこと、その舞台と重ねあわせて聞いていたのかもしれない。
 しっかり集中して聞き疲れた顔をしていたので、つぎの語り手は背伸び運動をしてから、語った。緊張が解けたせいか、おしゃべりが少しはじまったのだが、それでも、お話が進むにつれて、小さな御殿に動物がどんどん入っていく様子を驚き笑い、また動物の名前を楽しむ声が多くなり、おなはなしが終わると笑い声が起きた。
 決しておりこうには聞かないけれど、お話を楽しんいる。それが嬉しい。
 そして、来年は1年に3回くらい来てくださいと先生にいってもらい、またまた、嬉しかった。

     

« H小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 静かに聞ける。 | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組 はじめてのおはなしは反応が気になる »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/58944161

この記事へのトラックバック一覧です: H保育園 年長さん 成長を感じる2回目:

« H小学校 朝の読み聞かせ 支援クラス 静かに聞ける。 | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組 はじめてのおはなしは反応が気になる »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ