最近のトラックバック

« 11月のひよこちゃん またきてね | トップページ | I南小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 自分のおはなしをもちたい »

12月のK図書館分館おはなし会 子どもたちからの贈りもの

 今年も、もう最後の月のおはなし会。おはなしの部屋にはツリーが……昨年このツリーを見てから、あっという間だった。
 きょう来てくれたのは、だいたい3~5歳の6人の子たち。姉妹1組、兄妹1組、弟(お兄ちゃんの方ははいってこなかった)、女の子1人と常連さんばかりだ。

プログラム
 紙を使って ツリーのある家 *
 絵本 おふろにいれて (せなけいこのえ・ほ・ん)  せなけいこ作 ポプラ社 *
 絵本 ナガナガくん  シド・ホフ作  徳間書店 *
 手遊び 1本と1本で(トナカイバージョン)
 絵本 ぼくのパパはおおおとこ  カール・ノラツク文 イングリッド・ゴドン絵 セーラー出版 
 紙芝居 だいちゃんの ぼうけんあいうえお だいちゃんのぼうけん 山本省三作 教育画劇
 エプロンシアター おふろにはいろう

 姉妹がとても反応がよくて、『おふろにいれて (せなけいこのえ・ほ・ん)』では「うちはみんなおふろが好きだよ」「おばけこわいよ」「おふろが小さすぎるよ」、『ナガナガくん』では、「ながすぎて、つれていけないよ」といい、楽しませてくれた。兄妹できた子たちは、途中から入ってきて気遅れてしたのか、はじめは、なんだか、もじもじしていたのだが、だんだん慣れてきて、エプロンシアターでは大きな声をだして笑いっぱなしだった。
 最近は、こうしたこじんまりしたおはなし会の時が多いのだが、ひとりひとりの顔をみて、言葉を交わしながら、ゆったりと読むことができて、いいなと思う。
 おはなし会が終わって、後片付けをしていると、一度部屋からでた子どもたちがもどってきて、「ばいばい」「またね~」などと声をかけてから、帰っていく。私たちにとってなによりの贈りものだ。

       

« 11月のひよこちゃん またきてね | トップページ | I南小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 自分のおはなしをもちたい »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/58713748

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のK図書館分館おはなし会 子どもたちからの贈りもの:

« 11月のひよこちゃん またきてね | トップページ | I南小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 自分のおはなしをもちたい »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ