最近のトラックバック

« D保育園年長さん 3回目 眠い眠い | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 低学年 聞きたい子だけ »

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 笑いの悲劇(--〆)

 児童室に子どもたちはちらほらいて、2組の親子、1年生の女の子、6年生の女の子ふたりが入ってくれた。それから、おはなしのへやの前のテーブルで勉強をしていた中学生の男女4人に声をかけると、いやいやながらも入ってくれた。やったー! でも、それが、私の悲劇となってしまった。

プログラム
 こぶじいさま 日本の昔話 *
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話
 はらぺこピエトリン イタリアの昔話

 私が語ったのは初めの「こぶじいさま」。久々に語るので、結構練習して気を入れていた。ところが、鬼の歌を「くるみはぱっぱ……」と歌いだした途端、中学生男の子がぷっと噴出して、それを見た私が笑い出してしまった。それから、笑いをこらえるのが精いっぱい。悪いことに鬼の歌は、3か所も出てくるものだから、そのたびにますます笑えて、散々な語りになってしまった。ふと1年生の子を見ると一生懸命な顔できいていて、本当に申し訳なかった。
 でも、私のあとのふたりは、さえにさえた語りで、みんなを満足させ、私の分を取り返してくれたくれた。中学生たちも、「鳥がケーキをたべるか?」「赤ずきんちゃんみたい」などと、茶々を入れながらも、結局最後まで聞いてくれた。
 それにしても、私の情けないこと。お話に集中して語ってないからだ。次は笑わないぞ!

〇出典本

       

« D保育園年長さん 3回目 眠い眠い | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 低学年 聞きたい子だけ »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/58586338

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 笑いの悲劇(--〆):

« D保育園年長さん 3回目 眠い眠い | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 低学年 聞きたい子だけ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ