最近のトラックバック

« 7月のひよこちゃん もっとわらべ歌を! | トップページ | K児童館 夏休みのおはなし会 やんちゃぼうにふりまわされ、とほほ »

I市立図書館おはなし会 明日もやってね(^^♪

 夏休み。I市立図書館は、家族連れでいっぱい。おはなしの部屋にも、子ども16人、大人11人と、たくさん集まってくれた。小さな子はI市立図書2歳くらい。大きな子は小学校1年生くらいだ。

プログラム 
 絵本 おめんです  いしかわこうじ作
 絵本 うちわ ぱたぱた 杉田比呂美作 こどものとも0.1.2. 2013年8月号 福音館書店
 絵本 ちょっとだけまいご クリス・ホートン作 木坂涼訳 BL出版
 手遊び いもにめがでて *
 絵本 まちへ いった おばけ (えほんのもり)  藤島生子作 文研出版 
 紙芝居 まるちゃんのともだち ボアワン作 汐文社 *

おめんです 』が、子どもたちの心をつかんだ。3歳くらいの子もおめんの下がだれか当てることができて、満足している。『うちわ ぱたぱた』は、読み終わってから、読み手が団扇をみんなに持たせて、風船をぽんぽんと飛ばして遊んだ。終わって団扇を帰すときになると、みんなちゃんと返した、えらい!!
「いもにめがでて」の手遊びは、最後のポンのところを「あたま」とか「耳」とか言って触ってもらうようにした。グー、チョキ、パーのまだできない小さな子もほかの子に合わせて、いろんなところを触っているのがかわいらしい。
まちへ いった おばけ (えほんのもり)』は、少し大きな子は先が読めて、読む前に、教えてくれる。楽しい絵本だ。最後の紙芝居は、小さな子にはまだ、丸、三角、四角などわからないだろうけれど、とにかくよく見てくれた。K図書館分館で読んだときのような笑いはないが、大きな子たちは興味を持ってみているのがわかる。ラオスの紙芝居。独特な色使いで、不思議な魅力がある。
 おはなし会のあと、明日もやってねと言ってくる子が数人いて、とても嬉しかった。ああ、楽しかった!といえる、いいおはなし会だった。
 

      ←夏祭り、なんのお面をかぶろうか――

« 7月のひよこちゃん もっとわらべ歌を! | トップページ | K児童館 夏休みのおはなし会 やんちゃぼうにふりまわされ、とほほ »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57873945

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館おはなし会 明日もやってね(^^♪:

« 7月のひよこちゃん もっとわらべ歌を! | トップページ | K児童館 夏休みのおはなし会 やんちゃぼうにふりまわされ、とほほ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ