最近のトラックバック

« 朝の読み聞かせ 4年2組 自立の学年 | トップページ | A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい »

A小学校図書館祭 1年2組 輝く顔!

 年に1度のA小学校図書館祭。毎年、わたしはこの日を楽しみにしている。この日は、2~4限目に、ボランティア数人が各クラスに入って、おはなし会をする。子どもたちにとっても特別な日なのだと思う。子どもたちの顔が光っているように思う。

 2限目は1年2組。

プログラム
 絵本 ねこガム (幼児絵本シリーズ)  きむらよしお作 福音館書店 
 絵本 ノコギリザメのなみだ (リーヴル・リーブル)  長新太作 フレーベル館
 絵本 ふくはうちおにもうち (えほんのマーチ10)  内田麟太郎文 山本孝絵 岩崎書店
 大型絵本 ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)  みやにしたつや作 金の星社
 手遊び 木がのびる *
 絵本 ぼくはぞうだ  五味太郎作 福音館書店 *
 おはなし おいしいおかゆ グリムの昔話 *
 エプロンシアター 3びきのヤギのガラガラドン *

ねこガム (幼児絵本シリーズ』は、もう大喜び。その勢いでノコギリザメのなみだ (リーヴル・リーブル)『』へ。だんだん笑いが大きくなる。長新太さんの発想は、さすか、子どもの心をとらえる。
 絵本が4冊続いたあとに私の担当。手遊びで気持ちをかえてみた。『ぼくはぞうだ』は、対照について感じられる本。おもしろ系が続いた後で、どうだっただろうか。このあたりでだいぶ疲れてきたようだ。おはなしも、真面目に聞いていたが……。「想像して聞いて」と語る前に言ったので、語った後、ひとりが、「ぜんぜん想像できんかった」というと、他の子が「ぼくはできたよ」。ううーん、まだまだ未熟な語りです。
 最後のエプロンシアターは、もちろん喜んでくれた。小さいヤギ、中くらいのヤギ、大きいヤギと、出てくるたびに、子どもたちが顔を輝かせて期待してくれているのが嬉しい。

      ←子ども感覚!

« 朝の読み聞かせ 4年2組 自立の学年 | トップページ | A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57635154

この記事へのトラックバック一覧です: A小学校図書館祭 1年2組 輝く顔!:

« 朝の読み聞かせ 4年2組 自立の学年 | トップページ | A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ