最近のトラックバック

« A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい | トップページ | 南K小学校 春図書館祭 中学年 3人……これが現実? »

A小学校図書館祭 5年2組 先生もいっしょに

 4限目は5年2組。

 2限目3限目と低学年だったので、急に大人びて見える。担任の先生はがっちりした男の先生。子どもたちはぴしっとしている。
 いっしょに入ったボランティアのkさんか、教室に入ると、子どもたちに「固いよー、君たち。もちて楽しみなきゃ、先生が怖いんか? 先生に後ろむいとってもらおうか」などと言われて、先生は少し渋い顔をされて、こちらははらはら、どきり。でも、教室の雰囲気がだいぶ緩んだ。これは、kさんじゃなきゃ、絶対できないよ~。

プログラム
 絵本 りょうりを してはいけない なべ (講談社の創作絵本) シゲタサヤカ作 講談社 
 大型絵本 アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック レオ・レオニ作 谷川俊太郎訳 好学社 
 手遊び いちにのさんぽのしっぽ *
 おはなし かしこいモリー イギリスの昔話 *
 絵本 アヒルだってば!ウサギでしょ! エイミー・クローズ・ローゼンタール/トム・リヒテンヘルド作 今江祥智訳 サンマーク出版 *
 絵本 ぼくらは赤いうたうさぎ (ことばのからくり) 大津由紀雄文 藤枝リュウジ絵 岩波書店*

 ものすごく真剣に聞いていたのが『アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック』。きっとお話に入り込めたのだと思う。わたしは、本を支えていたので、声だけで聴いていたけれど、クライマックスからほっとする素敵なラスト。いい絵本だ。
 いちにのさんまのしっぽの数え歌は、5年生にしては簡単すぎるかと心配したが、結構楽しそうにやってくれた。数えて折る指を、右手と左手で1本ずつずらすのが、なかなかできない。先生も一緒にやってくださり「先生はできたぞ!」と一言。「おお、さすが先生。みなさんも先生を見てやってみて」と言って、「では、次は手を反対に」というと、先生が「えっ、こんどは反対にやるの? (先生の方を見ている子たちに)見るな!」といって、またやってくださった。できると「できたぞ!」子どもたちが「どうしてできるの?」というと「頭がいいんだ」。強面の先生だけれど、本当はとっても楽しいかたなのだと思った。
 そのあとの「かしこいモリー」のころは、ちょっと私の声が枯れてきたけれど、それでも、よく聞いてもらえて満足だった。
アヒルだってば!ウサギでしょ!』は、ぽかーん。やはり、この絵本は、同じ場面が続くからくどすぎるのだろう。でも、そのあとに『ぼくらは赤いうたうさぎ (ことばのからくり)』を読むと、子どもたちは、単独で読むより、ずっと楽しんでくれるように思うのだ。今回も、ひとつひとつ、ああーそういうことかーと、頭を使って楽しんでくれた。

 今年も、無事終わってほっ。今年は、いつもより、声が枯れなくて、お話は3話とも、ほぼ満足できる語りだったのが、わたしとしては嬉しいこと。他のボランティアさんとの兼ね合いもあるので、また来年に向けて、合間に入れる本、みんなで楽しめる本など、探しておきたい。

     ←ストーリーがひきつける

« A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい | トップページ | 南K小学校 春図書館祭 中学年 3人……これが現実? »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57635421

この記事へのトラックバック一覧です: A小学校図書館祭 5年2組 先生もいっしょに:

« A小学校図書館祭 2年2組 感想はちょっときつい | トップページ | 南K小学校 春図書館祭 中学年 3人……これが現実? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ