最近のトラックバック

« A小学校図書館祭 5年2組 先生もいっしょに | トップページ | K市立図書館本館おはなし会 くつろげる空間 »

南K小学校 春図書館祭 中学年 3人……これが現実?

 毎年昼休みに行っている、南K小学校の図書館祭。今年は、わたしたちがお願いしたこともあって、強制で聞きにくるのはなし。聞きたい子だけが聞くという方式に。見学にいった火曜日の低学年は15~20人と程よい人数。
 ところが……今日は、時間になっても、だれもやってこない。ようやく現れたのは、ボランティアのお子さん。その子をみつけて友達が一人。そして、もう一人の、合わせて3人が主な聞き手。最後の絵本の後半(予定の時間の最後の3分)に、5人。と、なんともさびしい結果だった。これが、現実か……とほほ。

読んだのは
 ぼくのかえりみち   ひがしちから作 BL出版 *
 ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド)  梅田俊作作 岩崎書店 
 もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)  二見正直作 福音館書店 

 わたしから読んだ。はじまりの時間を過ぎていたので、急いで読む。それで、ぞんざいな読み方になってしまったことを反省。次の『ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド)』は、悪口をいうのが、嫌な気持ちを解放している感じで楽しかった。最後の『もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本』は、来てくれたお子さんのお母さんが読んでくださった。子どもさんが選んだというだけに、楽しい。知っていた作品だけれど、読んでもらうと、ページをめくるのをわくわく期待して聞ける絵本だとよくわかる。絵本は、やっぱり読んでもらうものだと実感した。

      ←ページをめくるのが楽しみ

« A小学校図書館祭 5年2組 先生もいっしょに | トップページ | K市立図書館本館おはなし会 くつろげる空間 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57636129

この記事へのトラックバック一覧です: 南K小学校 春図書館祭 中学年 3人……これが現実?:

« A小学校図書館祭 5年2組 先生もいっしょに | トップページ | K市立図書館本館おはなし会 くつろげる空間 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ