最近のトラックバック

« 雨の日の昼休みのおはなし会 1回目 こじんまり、このぐらいの人数がいい | トップページ | D保育園年長さん 1回目 まだはじまったばかり »

6月のK図書館分館おはなし会 おはなしを楽しむ雰囲気

今日は近くの南K小学校が運動会。南K小学校区の子が減って、少ないんだろうなと思っていたら、意外や意外、12人も子どもたちが集まってくれた。おじいちゃんおばあちゃんもいて、大人は8人で、全部で20人だ。

プログラム
 わらべうた おてぶしてぶし *
 絵本 すきすきパパ  イザベル・マルチンス文 ベルナルド・カルヴァーリョ絵 宇野和美訳 光村教育図書 *
 絵本 カメレオンはどこ?  クレイグ・K.ストレート文 ホセ・アルエゴ&エアリアン・デュウェイ絵 赤木かん子訳 ほるぷ出版
 絵本 おたまじゃくしのチャム  竹中マユミ作 偕成社 *
 手遊び 木がのびる *
 紙芝居 まるちゃんのともだち ラオスの紙芝居 ボアワン作 汐文社
 エプロンシアター かえるののどじまん

「おてぶしてぶし」であてっこ遊びをすると、どの子もとても一生懸命見てくれた。そのあとの『すきすきパパ』は、シルエットだけのシンプルな絵でパパと子どもの姿を映す絵本。子どもたちはなにを思っているのか、じっと見ていた。
カメレオンはどこ?』は、カメレオンを捜しながら、物語が進んでいく。カメレオンを子どもたちは、しっかり見つける。そのあとの『おたまじゃくしのチャム』も、じっと見ている。飽きずに聞いてくれるのはとてもうれしい。
 一番子どもたちがはしゃいだのが、紙芝居の『まるちゃんのともだち』。丸い顔、三角の顔、四角い顔が出てくるだけで、子どもたちはもう大喜びだ。場面ごとに笑いが巻き起こった。
 最後のエプロンシアターも、みんなでそっくりかえったり、うたを歌ったり。
 こんなにたくさんの子が、最初から最後まで、ああ楽しいという顔で聞いてくれたのは、久しぶり。みんなで楽しもうという雰囲気が部屋中に満ちていて、とてもいい雰囲気。私たちもとても嬉しかった。ありがとう!!

      ←パパってすごい!

« 雨の日の昼休みのおはなし会 1回目 こじんまり、このぐらいの人数がいい | トップページ | D保育園年長さん 1回目 まだはじまったばかり »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57502854

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のK図書館分館おはなし会 おはなしを楽しむ雰囲気:

« 雨の日の昼休みのおはなし会 1回目 こじんまり、このぐらいの人数がいい | トップページ | D保育園年長さん 1回目 まだはじまったばかり »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ