最近のトラックバック

« 3月のおはなし広場 「かしこいモリー」で子どもたちと一体化 | トップページ | オーストラリアの本『アリブランディを探して』 »

朝の読み聞かせ 3年2組 はじめて語るおはなしはドキドキ!!

 今年度最後の朝の読み聞かせ。クラスに行くと、担任の先生はいらっしゃらないけれど、子どもたちはちゃんと聞く態勢で座って待っていてくれた。前に立ったところで、先生がいらっしゃって挨拶。と、隣のクラスで大騒ぎの声。先生がとんでいかれた。

プログラム
 おはなし まめじかカンチルが穴に落ちる話 インドネシアの昔話
  絵本 アヒルだってば!ウサギでしょ! エイミー・クローズ・ローゼンタール文 トム・リヒテンヘルド絵 今江祥智訳 サンマーク出版  

「まめじかカンチルが穴に落ちる話」は、はじめて、子どもたちの前で語る。しかも、覚えたてほやほや。今日のために十分時間をとって初めたのだが、重なるときは重なるもので、次々と時間をさく用事ができてしまい、覚え始めるのが今月になってからになってしまった。それでも、何度も読み返していたし、他の人が語るのを聞いて、イメージが膨らんでいたので、覚えやすかった。しかし!! 「言葉を覚える」と、「語る」のあいだには、大きなハードルがある。そのハードルの高さは、人によって違うだろうが、私の場合、かなり高い。頭に言葉があっても、声にだしてすらすらと口に出すことができず、口に出せるようになっても、言葉を捜さずに、お話をイメージしながら語るまでには、またまた時間がかかる。この数日、まめじかカンチルを練習し続け、昨日の午後、ようやく、これなら大丈夫かなというところまで持っていけたのだった。
 語りだすと、やっぱり初めはドキドキ。でも、子どもたちがよく聞いてくれるので、おちついて語っていくことができた。この話は、事件が起きるまでに、すこし時間がある。それで、はじめ、つまらなさそうに聞いてい子たちが、だんだん、それで? どういうこと? という顔になって、真剣にききだしたのがわかった。そして、ラストのおちで、ちょっと間があったのち、「ハハハ……」と笑い声がわきおこった。お話が、うまく伝わったようで、ほっとするとともに嬉しくなった。まだまだ、足りないところはあったと思うけれど、よく聞いてくれて、ありがとう!!
 次の『アヒルだってば!ウサギでしょ!』は、何人かが、顔を見あわてせ、面白そうに見てくれた。ずっと同じ絵が続くからしつこいけれど、何度見ても、見方によって違って見えてくる。その面白さを感じてほしい。読み終わってから、先生が「アヒルかウサギか、どちらに見えましたか?」と聞くと、アヒルは3人くらいで、ほかの子はみなウサギだった。I南小の4年生の子もウサギが多数派だった。いろいろな学年で読んで、聞いてみるとおもしろいだろう。

 来年度も、同じようにおはなし会ができるとのことで、ありがたい。会員が少しへってしまうから、新会員をなんとか増やさなくては……。

« 3月のおはなし広場 「かしこいモリー」で子どもたちと一体化 | トップページ | オーストラリアの本『アリブランディを探して』 »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/56947558

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の読み聞かせ 3年2組 はじめて語るおはなしはドキドキ!!:

« 3月のおはなし広場 「かしこいモリー」で子どもたちと一体化 | トップページ | オーストラリアの本『アリブランディを探して』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ