最近のトラックバック

« K児童館 春休みのおはなし会 「かしこいモリー」の力はすごい! | トップページ | 3月のひよこちゃん 今日から新しいお部屋で »

S児童館 春休みのおはなし会 児童館の事情

 午後は、市の反対側にあるS児童館でストーリーテリングによるおはなし会。この児童館は、昨年の春休み、子どもが集まらないのを先生が心配してくださって、強制的に聴かせる(聴かないなら児童館から退出させる)という事態になり、夏休みは「こわいおはなし」という企画で子どもたちをひきつけた。そのとき、せまい小部屋を使わせていただき、いい感じだったので、今回もその部屋で聴きたい子だけ来てもらうことになった。ところが、児童館に子どもたちはいるけれど、おばあちゃんが5歳と2歳の孫をつれて入ってきてくださったほかは、だれも来ない。私もちょっとばかり、小学生たちに声をかけてみたけれど、「バスケットのコートの順番を待っています」「聴かなくてもいいです」「けん玉をしにきたんです」という答えが返ってくる。時間もきたし、おばあちゃんとお孫さんを相手にはじめた。

プログラム
 鳥呑爺 日本の昔話 *
 産神さまの運定め 日本の昔話
 世界でいちばんやかましい音 エルキン作

「鳥呑爺」を話しはじめると、二人の子がどんどん私に近づいてきた。おはなしがわかっているか、どうかは、ちょっとわからない。そんなとき、小学生の子が4人ほど、ばらばらと入ってきた。話を中断して、座るのを待ち、そこまでのあらすじを話してから語った。でも、とちゅうからだから、面白さはあまりわからないらしい。言葉尻を笑ったりしている。
 次の「産神さまの運定め」では、はじめのうち、語り手の真似をしてみたりしてふざけていたが、終盤になると、ちょっと神妙になってきいていた。これが終わると、「出て行こうかな」と一人がいいだし他のふたりもつられて出ていきかけたが、一人の子が「聴いていく」といって座っていて、わたしたちも「次のはおもしろいよ」というと、また戻ってきて座った。
 ところが、語りだしてみると、聴きながらも落ち着かない。立ち上がって、出て行こうとしたり、一度でて、また戻ってきたり。後半、3人がでていき、「聴いていく」といった子だけが、何度も戸口までいき、また戻るを繰り返し、お話の決着がついたのを聞き終えると、出て行った。「世界でいちばんやかましい音」は、14分もある。この状態で、まったく、お話からそれることなく、この子たちに語り続けた語り手に、大きな拍手を送りたい。
 最後までいてれたおばあちゃんとお孫さんに、おはなしのろうそくを吹き消してもらって終わりにした。

 おはなし会のあと、先生たちからお話を伺うと、長期の休みにこの児童館に来る子は中・高学年、中学生が多くて(そのため、幼児は来館しなくなるらしい)、それぞれが自分の好きなことをしたいと思っているので、おはなしに誘いにくいという。また、映画会を開いても、刺激が少ないものだと、大きな子はでていってしまう。かといって大きな子にあわせると小さな子が怖がるから困ると……。今日わたしも誘ってみて、子どもたちが、なんだか、おはなしを聴くなくてばからしい、格好悪いと思っているような気がした。
 でも、数年前までは、この児童館でも、もっと聴いてくれたように思うのだ。部屋の外がドタバタしていても、おはなしの好きな子が数人いて、じっと耳を傾けてくれた。そういう子はいったいどこに行っちゃったのだろう。きょう来てくれた子も、まわりが、おはなしを聴くっていいなという雰囲気があれば、もっと落ち着いて聞けたの思うのだが。
 今度の夏休みもさせてもらうことになったが、おはなし会の持ち方(対象年齢 企画)については、一度、会で話し合うことになった。この児童館でのおはなし会をやめてしまえば簡単だけれど、なんとか、いい方向へ持っていきたい。午前中、K児童館で、子どもたちがあんなに集中して聞いたことを思うと、なおさらだ。

« K児童館 春休みのおはなし会 「かしこいモリー」の力はすごい! | トップページ | 3月のひよこちゃん 今日から新しいお部屋で »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/57044728

この記事へのトラックバック一覧です: S児童館 春休みのおはなし会 児童館の事情:

« K児童館 春休みのおはなし会 「かしこいモリー」の力はすごい! | トップページ | 3月のひよこちゃん 今日から新しいお部屋で »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ