« 1月のおはなし広場 子どもたちの成長を感じる | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 小さい子と大きい子 »

2013年1月24日 (木)

1月のひよこちゃん はじめてのおはなし会

 きょうは、まさかの寝過ごし。目覚ましの音を消して、うとっとしたのがいけなかった。目をあけたら1時間半もたっていた。大急ぎでお弁当と朝食をつくって、なんとか間に合った。ふーっと思いきや、あら~、お弁当に箸を入れ忘れている。息子にメールしたけれど、返信はなく、見てないよね(授業中だもの)。前に忘れた時は、割り箸を持っている子がいて貸してもらったといっていたけれど、今日も、だれか持っていますように。
 朝から調子がくるうと、ドミノ倒しのようにくるっていくもので、片づけ物をしながら、おはなし会のわらべうたを復習したりするうち、あらあら、時間ぎりぎりに。また焦って出かけた。

 来てくれたのは、3組の親子さん。2歳くらいの男の子2人と女の子。そして3か月のあかちゃんだった。

プログラム
 わらべうた いちじくにんじん/ちっちこっことまれ *
 絵本 よこむいてにこっ  高畠純 絵本館 *
 絵本 かじだ、しゅつどう (幼児絵本シリーズ)  山本忠敬作 福音館書店 *
 絵本 まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)  こにしえいこ作 福音館書店 *
 わらべうた ころんだ おきた だるまさん *
 絵本 たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)  かんざわとしこ文 やぎゅうげんいちろう絵 福音館書店 *
 紙芝居 ハッハッハークション ときわ ひろみ脚本 ささき みお画 教育画劇
 紙芝居 ゆきだるまのぼたん (年少向けおひさまこんにちは)  やすいすえこ脚本 渡辺有一画 童心社
 紙芝居 あっぷっぷー (乳幼児かみしばいいいおかお)  武鹿悦子脚本 土田義春画 教育画劇

 最初、なかなか注目してくれないので、お手玉を上にあげながら「いちじくにんじん」を。「ちっちこっことまれ」でお手玉をなげてあげると、投げ返してくれる。「持っていてね」といっても、投げ返してくるので、そのあと「もちつきぺったん」をする予定だったがやめにした。
よこむいてにこっ』は、知っている動物が出てくると、嬉しそうに「きりん」「ぞう」とさけんでいた。男の子たちは、おはなし会の前、電車や車の本を見ていたので、少し難しいけれど、『かじだ、しゅつどう (幼児絵本シリーズ)』を読んでみた。やはり、じっとみている。次は、おいしい本『まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)』。はじめのケーキで大興奮だ。巻きずしのところで、「どれが食べたい?」ときくと「いくら」と答えたので、驚いた。もう知っているんだ。『』も、動物がでてくるたびに喜んでいた。
 紙芝居になると、3人が珍しそうに見ている。『ゆきだるまのぼたん (年少向けおひさまこんにちは)』のときは、3人と立ち上がってじっと見つめた。物語がわかるのだろうか。『あっぷっぷー (乳幼児かみしばいいいおかお)』は、すこし飽きてきたのか、あちこちに動いていき始めた。

 3組とも、今日がはじめてのおはなし会だった。子どもたちの反応は、なるほどーと思う。でも、とてもよく聞いてくれた。
 子どもたちのおかげで、朝、くるった歯車が、うまくかみはじめたかも……息子が無事、お弁当を食べていますように。

      ←おいしいものは、うれしい!

      ←じっとみつめていた紙芝居

« 1月のおはなし広場 子どもたちの成長を感じる | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 小さい子と大きい子 »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月のひよこちゃん はじめてのおはなし会:

« 1月のおはなし広場 子どもたちの成長を感じる | トップページ | 2月のK図書館分館おはなし会 小さい子と大きい子 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者