最近のトラックバック

« 1月のK図書館分館おはなし会 今年も、子どもたちに助けられて | トップページ | D保育園年長さん 4回目 元気をもらったよ »

朝の読み聞かせ 4年2組 雪の本

 今朝は冷えこんだ。おとといは雨がふって、この数日朝の冷え込みがなかったので、身にこたえた。でも、教室は、先生がストーブをたいてくださったら、すぐにあたたかくなって(わたしのすぐ横にストーブがあったからだけれど)助かった。、

ブログラム
 おはなし なまかわ者の天のぼり 岐阜県の昔話
 絵本 あんな雪こんな氷 (ちいさなたんけんたい)  高橋 喜平作 講談社 

「なまかわ者の天のぼり」は昔話大学の再話研究会で、私たちグループが再話したもの。初めて、子どもたちの前で語った。「なまかわ」という言葉が、子どもたちにはわからないようなので、説明してから始めた。このおはなしは、ほら話なので、まじめにきいてもらってはこまる。語り手もそういうふうにかまえて、と心に思っていったけれど、初めて語るときは、やはり緊張してしまう。とくに、自分たちが再話したとなるとなおさらのこと。子どもたちの反応は、まじめながらも、何人かの目がにやりと笑っていた。第1回目としては、このくらいかなあ。もう少しリラックスして話せたらよかったのだが……。
 時間があまり残っていなかったので『あんな雪こんな氷 (ちいさなたんけんたい)』を、ざざーと、飛ばしながら見せた。この絵本は昨年の11月にポプラ社からでた『おかしなゆき ふしぎなこおり (ふしぎいっぱい写真絵本) 』とよく似ている。写真は新しい『おかしなゆき ふしぎなこおり (ふしぎいっぱい写真絵本)』の方が鮮明だが、雪や氷がなぜ、そういうふうになるのかを説明しているので、こちら『あんな雪こんな氷 (ちいさなたんけんたい)』を選んだ。今年の冬は寒い日が続く。今度雪が降ったとき、氷をみつけたとき、興味をもってもらえればと思う。
 雪に興味を持つということでは『雪の結晶ノート 』も、見せてたいけれど、朝の読み聞かせでは読み切れなくて、ああ残念!! 本を紹介しても、そのあとに、すぐ手にとってみられなければしかたないし……。今年も、本選びには悩みそうだ。

    ←雪と氷の季節にぴったり

        ←雪がふったら

« 1月のK図書館分館おはなし会 今年も、子どもたちに助けられて | トップページ | D保育園年長さん 4回目 元気をもらったよ »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/56554969

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の読み聞かせ 4年2組 雪の本:

« 1月のK図書館分館おはなし会 今年も、子どもたちに助けられて | トップページ | D保育園年長さん 4回目 元気をもらったよ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ