最近のトラックバック

« K市立図書館本館 おはなし会 異空間へいく | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 大きい子と小さい子 »

雨の日のお昼休みおはなし会 5回目 感激!  こんなに聞いてくれるなんて!!

 今日は1日冷たい雨。昨日より暖かいとニュースでいっていたけれど、とても寒く感じる。いつもの相方が、お昼に仕事をすることになり、できなくなった。でも、1年生のあるお母さんに声をかけたところ、快くひきうけてくださり、ごいっしょやってくださることになった。
 でも、わたしの説明の仕方が悪くて、本を持っていらっしゃらなかったので、私が用意したなかから1冊読んでいただいた。

読んだ本
 ちへいせんのみえるところ  長新太作 ビリケン出版 *
 いちにちのりもの (PHPにこにこえほん)  ふくべあきひろ文 かわしまななえ絵 PHP研究所
 ブラック・ドッグ  レーヴィ・ピンフォールド作 片岡しのぶ訳 光村教育図書 *
 トラのじゅうたんになりたかったトラ (大型絵本)  ジェラルド・ローズ作 ふしみみさお訳 岩波書店 *

 はじめは、女の子が3人、それから男の子が3人その後ばらばらと入ってきた。2冊目を読み終わったところで、男の子が、一人を残してでていった。「ぼくだけ男の子だよ」と言っていたけれど、その後、どどっと入ってきて30人くらいになった。
 さて『ブラック・ドッグ』を読み始めると、前回の騒々しさはどうしたのだろう。それはそれは、静かに聞いているのだ。しんと静まり返るときさえある。目を(耳を?)疑った。読み終わって辺りを見回しても、先生はいらっしゃらない。気をよくして『トラのじゅうたんになりたかったトラ (大型絵本)』を。これまたよく聞いている。読み終えて「おしまい」といったあと、周りを見回してもをやっぱり先生はいらっしゃらない。本当にびっくりした。そして、とても嬉しかった。こうして静かに聞けば、おはなしもちゃんと伝わるし、聞く方も面白いのだ。
 1年生のお母さんが来てくださったのが良かったのか。それとも、2週間ほど前、昼休みに行った図書館祭のお昼休みの読み聞かせで、聞き方を学んでくれたのか。先生が言い聞かせてくれていたのか……。この調子でつなげていきたい。そのためにも、面白い本を用意しておきたい。
 今日の『ブラック・ドッグ』、『トラのじゅうたんになりたかったトラ (大型絵本)』。ともに、子どもが物語に入れる作品だった。

       

« K市立図書館本館 おはなし会 異空間へいく | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 大きい子と小さい子 »

雨の日のお昼休みおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« K市立図書館本館 おはなし会 異空間へいく | トップページ | 12月のK図書館分館おはなし会 大きい子と小さい子 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ