最近のトラックバック

« J東児童クラブ 夏休みのおはなし会 おはなしを楽しみにしてくれている | トップページ | S児童館 夏休みのおはなし会 こわいおはなし »

K児童館 夏休みのおはなし会 子どもうけするプログラム

 息子の夏休みがようやく始まり、部活が午後というので、お昼ごはんを準備してからでかけようと、のんびりやっていたら、あらら~、いつのまにか、もうぎりぎりの時間に!! 児童館からは、「きょうきていただけるのでしょうか」と電話があり、暑さともうしわけなさでで汗をかきかき、到着した。
 もう子どもたちは、座って待ってくれている。小学生の子ばかり42人も! 相方も少し前についていて、子どもたちと話して間をもたせてくれていた。ほんとうに、申し訳ない。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 *
 わらべうた でんでらりゅうば *
 エパミナンダス ブライアント作
 おわりのうた ろうそくぱっ

「おばけ学校の3人の生徒」は、子どもの前で語るのは、今回が3回目。そして、最高に盛り上がった。まず、お化けがでてきたのが、嬉しかったらしい。そのおばけが、自分と同じ1年生だったり、2年生だったり、3年生だったりするのも嬉しそうだ。それから、1年生おばけの下手くそぶり、いつも同じことをいう先生の台詞、3年生おばけの上手さ(でも、子どもたちは、自分ならもっと上手にやれると思っているようだった)を、面白がって笑い、楽しんでいた。わたしも、語っていて楽しくて、3年生おばけを、たっぷり演じてしまった。
「エパミナンダス」も、子どもたちは面白がった。ひとり、おはなしを知っている子がいて、先にしゃべってしまう。しーっと唇に指をあてて合図しても、いいたくとたまらないから、どんどんしゃべってしまう。でも、そんなことで、おはなしの面白さはそがれなかった。予告されていても、ちゃんとお話をきくと、やっぱり面白いのだ。
 児童館で、こんなに大勢の子が、最後まで、楽しんでくれたのは、はじめて、だと思う。子ども受けするプログラムだったせいも、大きいけれど、児童館の先生の誘導もきっとよかったのだと思う。それなのに、遅れていって、申し訳ありません。

 やはり、おはなしは楽しく聞いてもらわなくては。同じ子が繰り返し来て、いろいろなお話で楽しめるようになってほしい。
 この児童館では、つぎは春休み。がんばりましょう。

« J東児童クラブ 夏休みのおはなし会 おはなしを楽しみにしてくれている | トップページ | S児童館 夏休みのおはなし会 こわいおはなし »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/55330795

この記事へのトラックバック一覧です: K児童館 夏休みのおはなし会 子どもうけするプログラム:

« J東児童クラブ 夏休みのおはなし会 おはなしを楽しみにしてくれている | トップページ | S児童館 夏休みのおはなし会 こわいおはなし »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ