2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 課題図書を読む『わたしのひかり』 | トップページ | I図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 小学生にきてほしい »

2012年7月20日 (金)

課題図書を読む『パンケーキをたべるサイなんていない』

 こんなサイ、いるでしょうか?

パンケーキをたべるサイなんていない?
 アンナ・ケンプ文
 サラ・オギルヴィー絵
 かどのえいこ訳
 BL出版

    

 パパもママも、デイジーの話をちっとも聞いてくれない。家に大きな紫色のサイがいて、パンケーキを食べちゃうっていっているのに。それで、サイはずっと家にいて、デイジーとすっかり仲良しになった。そのうち、パンケーキがなくなるのにママとパパはようやく気づいたけれど、サイには気づいてくれない。「ママとパパは、いつもとおくにいるみたい」

 親が子どもの話を聞いてくれない、信じてくれないと、多くの子どもたちが感じている。でもたいていの親たちは、ちゃんと聞いてるつもりではないだろうか。どうして、そんな行き違いができるのだろう。人間は自分に必要なことだけを聞き分ける能力があるらしい。子どもの話すことの内容を、親たちが必要でないと思っていなければ、あるいは、そんなことありえないと思っていれば、「なにをつまらないこといっているのよ」で一蹴してしまう。大人の常識、先入観が邪魔しているのかもしれない。子どもたち、ごめんなさい。親たちに、子どもの話を聞いていない自覚はないのだ。

 子どもが見て、考えていることが、親には、見えず、信じられず、理解できない。そうした親子の隔たりを、この作品は、楽しいおはなしで表している。

 デイジーの言っていることが正しいとわかるのは、ママとパパにサイが見えたからではなく、ある公的な文章をママとパパが読んだから。同じことでも、自分の信頼している大人のいうことならすんなり受け入れる、大人の愚かさを描いているのが、この絵本の鋭いところ。
 こう偉そうに書いている私自身も、紫色のサイは、実はデイジーのさびしい心が生み出したお友達という読み方もできる、というような分析をしながら、絵本を読んだりして、どうしようもなく大人だ。そんなこと書きながら、絵本を読み返し、やはり、紫色のサイのおはなしはデイジーの心になかで起きていたと思ったりもする。

 さて、子どもたちはどんなふうに読むのだろう。紫色のサイが登場して、「ありえない~」と面白がり(子どもたちだって、実際に紫色のサイがいるなんて思っていな。でも、絵本の中では実在するとちゃんとわかってる)、デイジーの言い分や寂しさ、不満を共感するだろう。そして、両親が急にものわかりがよくなってハッピーエンドを迎えたことに、心から満足するだろう。こんな両親がほしいと思うかもしれない。
 そう、紫色のサイがデイジーの家にいようと、心の中にいようと、子どもの話をきちんときく親を、子どもたちはもっとも望んでいるのだ。

まさかおさかな 』(フェイ・ロビンソン文 ウエイン・アンダースン絵 岡田淳訳 BL出版)も、同じような親子関係を描いた作品。読み比べてみると面白い。

*第58回青少年読書感想文全国コンクール 小学校低学年の部 課題図書

« 課題図書を読む『わたしのひかり』 | トップページ | I図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 小学生にきてほしい »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書を読む『パンケーキをたべるサイなんていない』:

« 課題図書を読む『わたしのひかり』 | トップページ | I図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 小学生にきてほしい »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者