最近のトラックバック

« I市立図書館おはなし会 とても静か | トップページ | J第2保育園 年中さん お話と子どもの心が合った時 »

6月のおはなし広場 ちょっと困った子たち

 1年生に毎月1回行っているおはなし会。
 今日は3回目。蒸し暑い午後の5時限目のせいか、ちょっと疲れ気味の顔をしている。

プログラム
 紙芝居 おにろく (2010年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき)  坪田譲治脚本 岡野和画 童心社
 手遊び かたどん ひじどん *
 おはなし ひなどりとネコ ミャンマーの昔話 *
 絵本 うまれたよ! カマキリ (よみきかせいきものしゃしんえほん8) 新開孝写真 小杉みのり構成・文 
 絵本 はなたれこぞうさま  川崎大治文 太田大八絵 童話館出版
 絵本 新装版 みずまき (講談社の創作絵本Best Selection)  木葉井悦子作 講談社

おにろく (2010年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき)』は、静かに語り、子どもたちも、とても静かに聞いていた。それから手遊びをして、語りへ。これも、まあまあ聞いているのだが、子どもたちのくいつきがわるい気がする。うつらうつらする子も。それでも、ひなどりがくしゃみをしてしまうと、口を手で押さえる子がいたり……、聞いている子はよく聞いている。後ろの方の子がおはなしの入ってこない気がする。『うまれたよ! カマキリ (よみきかせいきものしゃしんえほん8)』は、カマキリの幼虫が出てくるところが、結構、驚きなのだが、反応なく聞いている。そして、後ろの方では、ひそひそ声がだんだん大きくなってきた。先生が一生懸命注意している声も聞こえる。『はなたれこぞうさま』になって、先生が一人増えると、静かになってきた。『新装版 みずまき (講談社の創作絵本Best Selection)』は、絵が遠目では少し見にくかったかもしれない。それでも「うんこ」「おじぞうさんのみみ」で笑い声が起きる。
 後でずっと見ていたメンバーの話によると、後ろにいた子がひとり、紙芝居のはじめからまったくきいていなくて、ほかの子たちも、それぞれに遊んでいて、幼稚園状態だったという。聞いている子は、とてもよく聞いている。でも、聞いていなければ面白くないから、ずっと聞けないことになってしまう。ううーん。なんとか、聞いて楽しさを感じてほしいなあ。

« I市立図書館おはなし会 とても静か | トップページ | J第2保育園 年中さん お話と子どもの心が合った時 »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/54935249

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のおはなし広場 ちょっと困った子たち:

« I市立図書館おはなし会 とても静か | トップページ | J第2保育園 年中さん お話と子どもの心が合った時 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ